MENU
一時帰国にオススメのSIM情報はこちら!(タップで表示)

一時帰国に楽天モバイルのポケットWi-Fiを使うメリット・デメリットは?

サト

一時帰国を10回以上したことのあるサトです。

わたしは一時帰国の際、スマホ用のSIMとして楽天モバイルなどを使っていて、たまにテザリングもしています。

楽天モバイルはポケットWi-Fiも出しているので、いろいろ調べて検討してみました。

この記事では、一時帰国に楽天モバイルのポケットWi-Fiを使うメリット・デメリットを紹介します。

先にまとめておくと、次の通りです。

メリット
デメリット
  • 端末が実質0円なので導入しやすい
  • 使ったギガ数に応じて払うので財布にやさしい
  • 初期費用も解約手数料もゼロ
  • 電波の人口カバー率が低め
  • 端末を管理する必要がある
  • 維持費がかかる

また、楽天モバイルはポケットWi-Fiより、スマホで運用するほうがメリットが大きいと感じています。

詳しくは、続きをどうぞ!

タップ/クリックできる目次

結論 :楽天モバイルはスマホでの運用がおすすめ

冒頭にも書きましたが、楽天モバイルを使うなら、ポケットWi-Fよりもスマホでの運用がおすすめです。

楽天モバイルはテザリングに対応。

スマホで使っても、ポケットWi-Fiの代役を見事に果たしてくれます!

他にも、ポケットWi-Fiにはないメリットは次のとおり。

楽天モバイルをスマホで運用するメリット
  • ポケットWi-Fiの端末を買わなくてもいい
  • 電話やSMSもできる(日本・海外で)

特に、電話やSMSもできるのが大きいと感じています。

サト
海外でもSMS認証をクリアできましたし!

楽天モバイルのスマホで運用についてまとめた記事もありますので、よろしければお読みください。

とは言え、ポケットWi-Fiには次のメリットがありますので、ご自身のケースを考えて選ぶといいでしょう。

ポケットWi-Fiのメリット
  • スマホのバッテリーを気にしなくてもいい
  • スマホのSIMを差し替えなくてもいい

楽天モバイルのポケットWi-Fiを一時異国に使う3つのメリット

楽天モバイルのポケットWi-Fiを一時異国に使うメリットは、次の3点です。

順に見ていきましょう。

端末が実質0円なので導入しやすい

まず、楽天モバイルのポケットWi-Fiは、端末が実質ゼロ円で買えます。

キャンペーンで、本体価格(4,401円)相当のポイントがもらえますから!

期間限定ポイントではありますが、楽天モバイルの支払いにも使えてありがたい限りです。

キャンペーンの詳細は、楽天モバイルの公式サイトでご確認ください。

\ 端末が実質ゼロ円! /

使ったギガ数に応じて払うので財布にやさしい

次に、楽天モバイルは使ったギガ数に応じて料金が決まります。

具体的な料金は、次のとおり。

データ通信量 料金/月
〜3GB1,078円
〜20GB2,178円
20GB〜(無制限3,278円

一時帰国でどれぐらいギガ数を使うか、事前にはわかりません。その点、使った分だけ後払いというのはありがたすぎます!

また、20GBを超えると、3,000円ちょっとで使い放題になるのも魅力的です。

サト
とことん人にやさしい料金体系ですね!

初期費用も解約手数料もゼロ

それから、楽天モバイルは初期費用も解約手数料もかかりません。

なので、気軽に契約できます。

サト
ここでも楽天モバイルの「やさしさ」が感じられます!

\ 一時帰国にピッタリ!

楽天モバイルのポケットWi-Fiを一時異国に使う3つのデメリット

一方、楽天モバイルのデメリットは次の3点です。

楽天モバイルのポケットWi-Fiを一時異国に使うデメリット

順に見ていきましょう。

電波の人口カバー率が低め

楽天モバイルは、電波のカバー率が他社より低めです。

大手3社が99.9%なのに対し、楽天モバイルは97.6%……。

また、楽天モバイルは電波の周波数の特性上、室内ではつながりにくいという話も聞きます。

ただ、わたしが大阪で使っている限りでは、全く問題ありません。

サト
もちろん、室内でのテザリングも電波がフルに立っていてバッチリです!

事前に電波状況を調べる方法もありますので、気になるなら次の記事でご確認ください。

端末を管理する必要がある

また、楽天モバイルに限った話ではありませんが、ポケットWi-Fiの端末を買うと、当然、管理の手間が増えます。

一時帰国のときにしか使わないものをずっと持っておくのも、ストレスかもしれません。

また、将来的に通信規格が新しくなったときには、買い替えの必要が出てきます。

一方、スマホならSIMを差し替えて海外でも使えます。毎日使うものなので、買い替えにも抵抗は少ないのではないでしょうか。

冒頭で「スマホでの運用がおすすめ」と言った理由のひとつは、端末の管理がラクだからです。

楽天モバイルのスマホで運用についてまとめた記事はこちらです。

\ 一時帰国にピッタリ!

維持費がかかる

最後に、楽天モバイルは海外にいる間も月々1,000円ちょっとの維持費がかかります。

使いみちがあればまだいいのですが、全く使わないものにお金を払うのは避けたいですよね。

一方、スマホで楽天モバイルを運用すれば、海外でも使えて便利!

具体的には、次のように使えます。

楽天モバイルの海外での使いみち(スマホで運用する場合)
  • 海外→日本に電話し放題(無料)
  • 日本のサービスのSMS認証(無料)
  • 2GBまでデータ通信(無料)

ポケットWi-Fiと同じく、毎月1,078円を支払う必要はありますが、これだけ使えればただの「維持費」とは言えません。

どの国で使えるかは、楽天モバイル公式サイトをご覧ください。

また、お申込みは次のボタンからどうぞ。

\ 一時帰国にピッタリ!

他社との比較

ここで、楽天モバイルと、他社のポケットWi-Fiを比較してみましょう。

比較したのは、次の10社です。

比較した10社
  1. Global Mobile(Global)
  2. WiFiレンタルどっとこむ(どっと)
  3. DMMいろいろレンタル(DMM)
  4. 縛りなしWiFi(縛りなし)
  5. WiFi東京レンタルショップ(東京)
  6. Chat WiFi(Chat)
  7. Zeus WiFi(Zeus)
  8. Wi-Fiレンタル屋さん(レンタル屋)
  9. 楽天モバイル(楽天)
  10. どこよりもプリペイドWiFi(どこよりも)

各社名のカッコ内の表記は、次の比較表で使っています。

スクロールできます
初期費用ギガ数料金/週 ※1料金/月送料端末受取端末返却罰金 ※2公式サイト
Global0円無制限3,840円〜6,000円〜0円空港/宅配ポスト40,000円
どっと0円無制限4,880円9,894円1,067円〜コンビニ/空港/宅配宅配/空港/ポスト40,000円
DMM0円20GB〜100GBプランなし20GB:
4,400円
100GB:
4,990円
1,100円宅配宅配20,540円
縛りなし3,300円10GB〜90GBプランなし10GB:
1,890円/
90GB:
3,980円
1,340円〜宅配 ※3宅配19,800円
東京0円3GB/日3,520円7,040円1,100円空港/宅配/店舗ポスト44,000円
Chat0円20GB〜200GBプランなし20GB:
2,600円/
200GB:
4,928円
520円〜宅配宅配/ポスト27,500円
Zeus3,300円20GB〜100GBプランなし20GB:
2,618円/
100GB:
4,708円
660円〜宅配宅配19,800円
レンタル屋0円20GB〜100GB20GB:
3,120円/
100GB:
4,720円
20GB:
5,850円/
100GB:
8,850円
1,100円空港/宅配/店舗ポスト35,200円公式サイト
楽天0円 ※43GB〜無制限プランなし1,078円〜3,278円宅配不要
どこより8,800円 ※41.5GB/日プランなし3,960円宅配不要
初期費用ギガ数料金/週 ※1料金/月送料端末受取端末返却罰金公式サイト

※1:7泊8日の料金です。(「楽天モバイル」「どこより」除く)
※2:端末が故障・紛失した場合の罰金です。
※3:対応地域は限られています。
※4:端末代金。「楽天」はポイント還元で実質ゼロ円です。

表を見ると、楽天モバイルがいちばん有利ということがわかります。

初期費用・端末代がゼロですし、月3,000円ちょっとでネットが無制限で使えますからね。

料金は「縛りなしWiFi」のほうが安く見えますが、10GBしか使えませんし、初期費用で3,300円も必要になってきます。

「WiFiレンタルどっとこむ」や「Wi-Fiレンタル屋さん」でレンタルをしても、1週間でも最低3,500円。楽天モバイルの無制限の月額料金を上回っています。

サト

楽天モバイル、めちゃくちゃおトクですね!!

5社のポケットWi-Fiを比較した記事もありますので、よろしければどうぞ。

まとめ

この記事では、一時帰国に楽天モバイルのポケットWi-Fiを使うメリット・デメリットを紹介しました。

まとめると、次のとおりでしたね。

メリット
デメリット
  • 端末が実質0円なので導入しやすい
  • 使ったギガ数に応じて払うので財布にやさしい
  • 初期費用も解約手数料もゼロ
  • 電波の人口カバー率が低め
  • 端末を管理する必要がある
  • 維持費がかかる

楽天モバイルのスマホで運用についてまとめた記事もありますので、よろしければお読みください。

また、一時帰国を念頭に15社以上のSIMを比較した記事もあります。

そもそも、ポケットWi-Fiを一時帰国に使うメリット・デメリットをまとめた記事はこちらです。

ご参考になれば幸いです!

あわせて読みたい
[一時帰国] 無制限で使えるSIMは? 16社からおすすめの3社をご紹介 こんにちは! 一時帰国を10回以上したことのあるサトです。 日本に入国した後の隔離がかなり緩和され、一時帰国を検討しているかもしれませんね。 一時帰国の前に準備す...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップ/クリックできる目次