[図解] Kindle端末の動作が遅い→リセットでサクサクになるよ!




サト
こんにちは! Kindle歴5年、Kindle Unlimited歴2年のサトです。

今回は、Kindle端末をリセットする方法をご紹介します。

以前、4年ほど使っていたわたしのKindle Paperwhiteも、リセットするとサクサク動くようになっていました!

リセットの前に「再起動」

リセットの前に。再起動すると動作が速くなるという情報もあったので、まずはその手順をご紹介しますね。

リセットと違って、再起動だとデータなどがすべて残るので、ラクラクなんです。

リセットの方法を知りたい、という場合はこちらをクリックすれば一気に飛べます!

サト
わたしの場合は、再起動してもダメだったのでリセットしました。

 

まず、ホーム画面の右上にある「3つの点」(正式名称知らない)をタップします。

 

すると、「3つの点」の下にメニューが出てきます。ここで「設定」をタップしましょう。

 

設定画面で、また「3つの点」をタップします。

 

「3つの点」の下に「再起動」というのが出てくるので、タップします。

 

すると、すぐ再起動が始まります。

サト
わたしの場合、再起動が完了するまで2分もかかりませんでした。

この再起動をしても、まだ動作が遅いという場合、次でご紹介するリセットをお試しください。

リセットの手順

では、リセットの手順をご紹介します。

なお、リセット後は、もともとあった本のデータは消えてしまいます。リセットですから。

でも、当然またダウンロードできますのでご安心を。

ただ、スクリーンショットや、自分で入れたPDFなどは、さすがに消えてしまいます。

バックアップしておきたいという場合は、こちらの記事をご参照ください。

[図解] PCにKindle端末のバックアップを取る方法

2018年5月12日

 

まず、ホーム画面の右上にある「3つの点」(正式名称知らない)をタップします。

Kindle reset 01

 

すると、「3つの点」の下にメニューが出てきます。ここで「設定」をタップしましょう。

Kindle reset 02

 

設定画面で、また「3つの点」をタップします。「3つの点」、大活躍ですね。

ちなみに「端末オプション」を選んでも最終的にリセットはできるのですが、一手間多くなってしまいます。

Kindle reset 03

 

「3つの点」の下に「リセット」というのが出てくるので、タップします。

Kindle reset 04

 

 

最後に、「Kindleをリセットしますか? 」と聞いてくるので、迷わず「はい」をタップしましょう。

この後、再起動するまで数分しかかかりません。

Kindle reset 05

 

リセットした理由

なぜリセットをしたかというと、4年ぐらい使ってきたわたしの Kindle Paperwhiteの動作が、かなり遅くなってきていたからなんです。

普通の本(小説や実用書など)ならさほど問題なかったんですが、雑誌はさすがに読みづらく。

サト
画面、6インチですからね……。

下の写真の真っ黒なやつは、iPhone 5Sです。

これで雑誌を読むのは、さすがにキツイ。

なので、拡大しようと何度も何度も画面上で指を動かすものの、リアクションは「しーん」。

あとで思い出したように大きくなるという日々が続いていました。

サト
ストレス以外の何物でもない……。

でも、そんな問題もリセットですぐ解決しました!

まとめ

今回はKindle端末をリセットする方法をご紹介しました。

4年使ったKindle Paperwhiteが見事に復活し、驚くばかりでした。

Amazonさん、本当にいいもの作ってますね。

ただ、電池が1週間ぐらいしかもたなくなりまして……。

1週間もつのもすごいんですが、いまはKindle Voyageを使っております。

[レビュー] Kindle Voyageを3か月使った感想〜明るさの自動調節/ページめくりボタンは必要?

2018年7月31日

中古のKindle端末が登録できないときの対処法

2018年5月3日

Kindle端末に電池+ビックリマークが出たときの3つの対処法

2018年5月4日

Kindleがフリーズ→電源ボタン長押しでもダメだったときの対処法

2018年5月8日