▶ 一時帰国にオススメのSIM(タップで表示)

インドネシアで日本のサービスのSMS認証をクリアする方法

サト
こんにちは! 一時帰国中は楽天モバイルにお世話になっているサトです。

インドネシアに住んでいても、日本のサービスを使いたいという場合はありますよね。

でも、「SMS認証で日本の電話番号の入力を求められて絶望した」なんてこと、ありませんか?

この記事では、インドネシアで日本のサービスのSMS認証をクリアする方法をご紹介します。

インドネシアで日本のSMS認証をクリアする条件

ここではまず、インドネシアで日本のSMS認証をクリアする条件を解説します。

次の2点です。

SMS認証をクリアする条件
  1. 日本の携帯番号をキープしていること
  2. インドネシアでのローミングに対応していること

1点ずつ、見ていきましょう。

①日本の携帯番号をキープしていること

まず大前提として、日本の携帯番号をキープしている必要があります。

海外の携帯番号では、日本のサービスのSMS認証をクリアできない場合があるからです。

たとえばメルカリや「nearMe.」、タクシーアプリの「GO」といったサービスのSMS認証は、海外の携帯番号には対応していません。

ちなみに日本の番号をキープすると、ふつうは維持費が発生します。

この維持費がゼロのサービスを、あとでご紹介します!

②インドネシアでのローミングに対応していること

それから、①の番号がインドネシアでのローミングに対応している必要もあります。

サト
たとえばpovo2.0は維持費が(ほぼ)かからないのですが、残念ながら海外ローミングには未対応なんです……。

一方、インドネシアでのローミングに対応しているサービスもけっこうあります。

たとえば、次のとおりです。

インドネシアでのローミングに対応しているサービス
サト
各社ともSMS受信料は無料なんですよ!

中でも一番のオススメは楽天モバイルです。

理由は、次項でご説明しましょう。

楽天モバイルがオススメな理由

インドネシアで日本のSMS認証をクリアしたい場合、一番のオススメは楽天モバイルです。

というのも、次のようなメリットがあるからなんです。

楽天モバイルが一時帰国にベストである理由
  1. 維持費ゼロ、データはいくら使っても月3,000円ちょっと
  2. 解約もネット上で完結
  3. いつ解約しても手数料ゼロ、縛りなし

先ほどご紹介したサービスのうち、楽天モバイルだけは維持費がかかりません

「維持費ゼロ」は10月末まで

2022年5月13日に新プランが発表され、「維持費ゼロ」は最長で2022年10月31日までとなりました……。

8月31日までは無料で、9月と10月は楽天ポイント還元で実質ゼロになります。

以降は、最低でも1,078円/月を払わなければなりません。

これから契約される場合はご留意ください。

ちなみにわたしはHISモバイルを使い始めました。

月額290円で番号をキープできて、海外でもSMSを受信できますからね。

他社の場合、月額で440円〜2,970円かかってしまいます。

無駄な費用はできれば避けたいところですよね。

なので、わたし自身、楽天モバイルを使っています。

まとめ

この記事では、インドネシアで日本のサービスのSMS認証をクリアする方法をご紹介しました。

個人的には、維持費がかからない楽天モバイルや、維持費が安いHISモバイルをオススメしています。

楽天モバイルやHISモバイルを含めたサービスを比較した記事もありますので、よろしければどうぞ。