[一時帰国] 隔離期間中の移動に乗り合いサービスのnearMe.Airportを利用→メリット・デメリットは?

サト
こんにちは! インドネシアが大好きなサトです。

わたしは2021年7月末から一時帰国をしています。

海外から帰国すると14日間の隔離期間があり、この間、公共交通機関は利用できません。

その期間中に移動する必要があったので、nearMe.Airportという乗り合いのサービスを使ってみました。

この記事では、nearMe.Airportの概要、メリットやデメリットなどをご紹介します。

 

nearMe.Airportとは

nearMe.Airportは、乗り合いの車で次の2点を結んでくれるサービスです。

空港↔自宅やホテルなど

空港が出発地、または目的地ということですね。

対象外の地域もありますが、たとえば次のルートは大丈夫です。

羽田空港/成田空港↔都内
対象外かどうかは、申し込むときに出発地や目的地を入力すればわかります。

ちなみにこのサービス、nearMeという会社が提供しています。

 

対象の空港

今のところ、次の7空港が対象になっています。

対象の空港
  1. 羽田空港
  2. 成田空港
  3. 伊丹空港
  4. 関西空港
  5. 南紀白浜空港
  6. 福岡空港
  7. 那覇空港

 

↑の空港を出発地または目的地とした場合の対象地域は、nearMe.Airportの公式サイトでご確認いただけます。

 

帰国者も利用できる(施設での隔離終了後も含む)

それから、このサービスは、帰国者も利用できます

nearMeの公式サイトには次のように書いてあるんですよ。

本サービスは、ご入国(検査対象国の場合)の方に関しては、PCR検査(抗原検査)の結果が陰性の方のみご利用可能です。検査結果が出るまでは3時間程度(状況によりそれ以上)かかると聞いておりますので、到着後3時間以上後の出発時間にてご予約をおねがいします。

 

 「ご入国」「PCR検査」とあるので、帰国者のことですよね。

わたしの場合は、検疫所指定の施設(ホテル)での隔離を終えてから利用する予定でした。

念のため問い合わせてみたところ、問題ないとのこと。

サト
まあ、インドネシアから帰国した場合はホテルでの隔離中に3回もPCR検査を受けて、陰性の場合だけホテルを出られるので、感染している可能性は低いとは思います。

 

利用の流れ

そんなnearMe.Airportですが、利用の流れは次のとおりです。

利用の流れ
  1. 会員登録
  2. 仮予約
  3. 利用できるかどうか確定
  4. 車両や乗車時間、同乗者確定
  5. 乗車

 

順に見ていきましょう。

①会員登録

まず会員登録が必要です。

その際に、nearMeのアプリからだと、SMSを受信できる日本の電話番号が求められました。

ただ、サイトから登録する場合は必要ありません。

サイトの場合も登録時に電話番号が必要ですが、SMSが受信できなくても大丈夫ですし、海外の番号でもOKです。

念のため日本の番号を登録しておきたい、でも日本のSIMがないという場合は、SMARTalkというアプリをお試しください。

このアプリを使うと、050で始まる電話番号が取得できます。発信しなければ料金も発生しませんし。

SMARTalkについては、↓の記事にまとめてあります。

[一時帰国] 通話はアプリ「Smartalk」がオススメ! 050番号で発信も着信もOK

また、次回以降の一時帰国用に楽天モバイルの番号を持っておくのもオススメです。

詳しくは、↓の記事をどうぞ。

一時帰国中のSIM問題は楽天モバイルですべて解決! 駐在/留学にオススメの理由

②仮予約

次は、仮予約。仮予約の際に入力するのは、次の情報です。

仮予約に必要な情報
  • 「空港へ」または「空港から」
  • 出発地
  • 目的地
  • 空港到着/出発日
  • 希望到着時刻/希望出発時刻(便名の入力も可)
  • 人数
  • 荷物の個数

出発地や目的地は、空港の場合はメニューから選ぶだけ。

それ以外の場合は、住所を入力すると地図が出てきて、ピンポイントで指定できます。

サト
わたしは空港からの利用だったのですが、時間については、「10:45〜11:20」と幅がありました。

③利用できるかどうか確定

②は「仮予約」というステップだったので、まだ確定ではないということです。

 実際に利用できるかどうか、24時間以内に連絡が入ります。

乗り合いなので、他に乗客がいないなどの理由で利用できない場合があるんですよ。

その場合は「利用不可」という連絡が入り、料金は発生しません。

サト
後で書きますが、わたしの場合、仮予約から予約確定までに行き着くのにけっこう苦労しました。

 

④車両や乗車時間確定

めでたく乗車が確定しても、情報が全て揃うわけではありません。

車両や乗車時間、同乗者の人数は、乗車する前日の18時までに連絡が入ることになっています。

わたしの場合は少し早く、前日の15:40にメールで連絡をいただきまして。

同乗者は1名で、「10:45〜11:25」と幅のあった出発時間も「10:45」で確定しました。

 

⑤乗車

④まで来ればもう安心です。あとは時間に遅れないようにしましょう。

わたしの場合、運転手さんも同乗者の方もが早めに来てくださいまして、10:40に出発できました。

サト
予定より5分早かったわけですね!

 

nearMe.Airportのメリット

では、nearMe.Airportを使うメリットは何なのでしょうか。

次の2点をご紹介しますね。

nearMe.Airportのメリット
  1. 安い
  2. ネット上で手続きがすべて完結

 

順に見ていきましょう。

①安い

まず、なんと言っても安い点。

わたしは羽田空港から都内某所までnearMeを利用しました。

その料金を、ハイヤーと比較してみましょう。

サービス 料金(税込)
とあるハイヤー 13,800円
nearMe.Airport 2,980円(割引後1,680円

 

ハイヤーはいろいろ調べてみましたが、どこもだいたい同じぐらいの料金でした。

その点、nearMe.Airportなら2,980円! わたしは初回割引などで1,680円で利用できました。

サト
これは乗り合いだからこそ可能な料金ですね。

初回割引を利用したいという場合は、このページから会員登録してみてください。

 

②ネット上で手続きがすべて完結

それから、nearMe.Airportは、会員登録から申込み、支払いまですべてネットで完結します。

海外にいても申込みができるということですし、現金がなくても大丈夫。

わたしは円の現金をあまり持っていないので助かりました。

 

nearMe.Airportのデメリット

では、nearMe.Airportのデメリットはあるのでしょうか。

答えはイエスです。次の3点をご紹介しますね。

nearMe.Airportのデメリット
  1. 予約がなかなか確定しない
  2. 時間などの確定が前日になる
  3. 乗り合いなので感染リスクはどうしても上がる

 

①から見ていきましょう。

①予約がなかなか確定しない

まず、予約がなかなか確定しない点。

わたしの場合だけかもしれませんが、「仮予約」→「予約不成立」というやり取りを何度も繰り返して、やっと確定にたどり着きました。数えたら5回も……。

しかもですよ。仮予約の段階で、↓の「残り3席」で「配車確率高」という便を選んだのに「予約不成立」になっていたんです。

予約が成立しなかった理由はメールでご連絡いただけるのですが、「満車のため」とのことでした。

でも、また仮予約をしようとすると、「満車」のはずの便がまた申し込めてしまったんです。

サト
時間と残席が同じだったので、おそらく同じ便だったと思います。

nearMeに問い合わせたところ、「人数やルートの関係で確定しなかった」との旨、ご連絡いただきました。

「満車」が理由ではないので、そこはちゃんと書いてほしいなあと思いました。

1つわかったのは、仮予約の段階では、ルートは考慮されていないことです。

仮予約の段階でも、もちろん行き先は指定します。

その上で「配車確率高」となっていても、行き先が全く違う便で、予約が成立しない可能性があるということになります。

サト
まあ、ここは運次第ですね……。

「どうしてもnearMeを利用したい!」という場合は、時間を少しずつずらすなどして、何度もチャレンジしましょう。

 

②時間などの確定が前日になる

それから、時間などの確定が前日というのも、ちょっと気になりました。

確定するまでは、時間が「前後する可能性がある」というので、なおさらですね。

サト
時間が早くなって乗れないなんてことになったら、目も当てられませんからね……。

乗り合いなので、ギリギリまで乗客を募集しているのでしょう。

そう考えると仕方ないのかもしれません。

 

③乗り合いなので感染リスクはどうしても上がる

最後に、乗り合いなので感染リスクはどうしても上がってしまいます

もちろんnearMeも感染対策は実施していましたが、ハイヤーを1人で利用するよりも、2人以上で利用すれば感染リスクが上がるのは明らかです。

サト
わたしの場合、車内では運転手さんも同乗者の方も一言も話さなかったので安心でしたけど。

 

【おまけ】オススメのハイヤー

そんなわけでnearMe.Airportは安いのですが、メリットよりもデメリットのほうが大きいと判断した、やはりハイヤーを利用したほうがいいでしょう。

わたしも当初はVIPハイヤーというところで予約していました。

先ほど、nearMe.Airportとの料金の比較で出した「とあるハイヤー」はこの「VIPハイヤー」だったんです。

nearMeのことを知ったのでキャンセルしてしまったのですが、次の点でオススメです。

  1. 対応が速い
  2. 出発の12時間前までならキャンセル料無料
  3. 予約からキャンセルまでLINEで完結

対応の速さには目を見張るものがありました。夜の11時ぐらいに予約をお願いし、「返事は明日の朝やろうな」と思っていたら、すぐに返事が来ましたから!

また、キャンセルの際も迅速に(3分で)ご対応いただきました。

機会があれば間違いなく利用します。

サト
キャンセルしてしまって何だか申し訳ないので、こちらでご紹介させていただきました。

 

まとめ

この記事では、nearMe.Airportの概要、メリット・デメリットなどをご紹介しました。

かなり運に左右されるサービスですが、今後改善されることを祈っております。

ご参考になれば幸いです!

あと、一時帰国や本帰国で、外貨を円に替えておきたいという場合は、Wiseという送金サービスがオススメです。

↓の記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

ルピアを円に「おトクに」両替/送金する方法まとめ

カテゴリー/Categories

アーカイブ/Archives