[一時帰国用SIM] イオンモバイルなら維持費が月500円程度! 維持費をゼロにする方法もご紹介

mohamed HassanによるPixabayからの画像
サト
こんにちは!一時帰国中のオトクな情報に目がないサトです。

一時帰国中、携帯のSIMをどうするかは大きい問題ですよね。

維持費は抑えたいけど、つながりにくいのは困る……。

そんな悩みにピッタリのSIMを見つけました。

この記事では、イオンモバイルについてご紹介します。

イオンモバイルをオススメする理由

では、一時帰国中のSIMとしてイオンモバイルをオススメする理由をご紹介しましょう。

次の4点です。

イオンモバイルをオススメする理由
  1. 維持費が安く、ゼロにする方法もある
  2. ドコモ回線(またはau回線)で安心して使える
  3. 契約期間の縛りなし、手数料ゼロで解約できる
  4. パスポートだけで申し込める

1点ずつ、見ていきましょう。

①維持費が安く、ゼロにする方法もある

まずは、維持費が安い点。

データ通信だけができるSIMなら、最安で月額528円(税込)というプランがあります。

ほぼワンコインですね!

528円のプランでは1GBしか使えないのですが、一時帰国前にプランを変更することもできます。

変更手続きも、ネットで完結するのでラクラク。

一時帰国する月の前月の末日、18:59(日本時間)までにプラン変更を申し込みましょう。

サト
1GBではぜんぜん足りない、という場合でも安心ですね♪

維持費をゼロにする方法

ご家族がいる場合、「シェア音声プラン」のご利用がオススメです。

これは、月々のギガ数を家族でシェアできるというもの。

このプランを利用することで、一時帰国用SIMの維持費をゼロにすることができるんですよ!

「シェア」というぐらいなので、メインになるSIMの契約も必要です。こちらの月額は、1,738円(税込)から。

ただ、メインのSIMはご家族が日本で使えば、無駄になりません

サト
一時帰国用SIMの維持費はゼロで、一時帰国の際には、ご家族とギガ数を分け合えるわけですね!

維持費がゼロになるのは、データ通信専用のSIMです。

イオンモバイルの公式サイトには、下のボタンからアクセスいただけます。

家族と使えば維持費ゼロ!

ちなみに、楽天モバイルだと無条件で維持費はゼロになります。

②ドコモ回線(またはau回線)で安心して使える

次に、ドコモ回線(またはau回線)で安心して使える点です。

わたし自身は一時帰国中、楽天モバイルを使っているのですが、2021年9月11日に通信障害がありまして……。

サト
まあ、そんなにしょっちゅう起こることではありませんし、他社も通信障害を絶対に起こさないとは言い切れないのですが。

その点、イオンモバイルなら、ドコモ、またはau回線を利用しているので安心でしょう。

どちらの回線を使うかは、申込みの際に選べます。

③契約期間の縛りなし、手数料ゼロで解約できる

それから、契約期間の縛りがなく、解約手数料がかからないのもうれしいポイントです。

これなら、安心して契約できますね。

サト
万一、解約が必要になった場合も、電話で手続きが可能です。

ちなみにイオンモバイル公式サイトには、フリーダイヤルの番号しか載っていないので、海外からは電話をするのがかなり難しい状況です。

ですが、ご安心ください。イオンモバイルに問い合わせたところ、必要であればフリーダイヤルではないふつうの番号をお知らせいただけるそうなので! 

④パスポートだけで申し込める

最後に、パスポートだけで申し込める点です。

たとえば楽天モバイルだと、パスポートで申し込む場合は住民票などの補助書類が必要です。

その点、イオンモバイルなら本人確認書類はパスポートだけでもOK

サト
パスポートの顔写真があるページと、最後の方にある「所持人記入欄」(住所、氏名を記入済み)があれば申し込めます!

その他の本人確認書類については、イオンモバイル公式サイトをご覧ください。

まとめ

この記事では、イオンモバイルについてご紹介しました。

オススメする理由は、次のとおりでしたね。

イオンモバイルをオススメする理由
  1. 維持費が安く、ゼロにする方法もある
  2. ドコモ回線(またはau回線)で安心して使える
  3. 契約期間の縛りなし、手数料ゼロで解約できる
  4. パスポートだけで申し込める

イオンモバイルの公式サイトには、下のボタンからアクセスいただけます。

20GBで1,958円(税込)

ご参考になれば幸いです!

コメントを残す