▶ 一時帰国にオススメのSIM(タップで表示)

海外赴任が決まったらSIMの契約はどうする? 3つの選択肢をご紹介

Mudassar IqbalによるPixabayからの画像
サト
こんにちは! 一時帰国を10回以上したことのあるサトです。

海外赴任などが決まったときに、携帯の契約をどうするかは大きな問題ですよね。

そのまま契約していると、お金がかかって仕方ありません。

わたしが海外に出たのは10年以上前で、そのときは解約しましたが、今は他にも選択肢があります。

この記事では、海外に行く前に携帯の契約をどうするか、選択肢を3つご紹介します。

3つの選択肢

では、まず3つの選択肢をご紹介しましょう。

①番号・アドレスの保管サービスを利用する

まず、大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)と契約している場合、番号やアドレスを保管してくれるサービスがあります。

「一時休止」とも言えますね。

サト
ただ、有料のサービスなのでお金は払い続けなければなりません……。

各社とも月に400円〜500円ほどかかりますし、ドコモとauの場合はさらに「休止申し込み費用」も発生します。

詳しくは、次の記事をご覧ください。

②維持費の安いサービスに乗り換える

次に、維持費の安い他社サービスに乗り換えるという手もあります。

個人的には、一番のオススメです。

サト
今の時代、HISモバイルやpovo2.0のように、維持費がものすごく安いサービスがありますからね。

SIMカードの管理が面倒、と思うかも知れませんが、eSIM対応機種をお持ちであれば、スマホ上の操作でSIMを切り替えることができます。

小さいSIMカードを保管したり、入れ替えたりする必要はないということですね。

オススメの3社

個人的にオススメの3社は、次のとおりです。

一時帰国にオススメの格安SIM

3社のSIMをどう選べばいいか、ケース別のオススメを次の記事でご紹介していますので、よろしければお読みください。

③乗り換えせず、解約する

最後に、乗り換えもせずに解約するという手段もあります。

この場合、もちろん維持費はかかりません。

サト
でも、一時帰国のたびにSIMのことを考える必要が出てきます。

楽天モバイルなど、維持費がかからないサービスもあるので、やはり乗り換えのほうがオススメです。

まとめ

この記事では、海外に行く前に携帯の契約をどうするか、選択肢を3つご紹介しました。

選択肢は、次のとおりでしたね。

個人的には、楽天モバイルへの乗り換えがオススメです。

ご参考になれば幸いです!