[インドネシア] 生活費はいくら? ひとり暮らし・自炊メインの場合(2018年9月)




サト
こんにちは! インドネシア語学習歴21年、インドネシア滞在歴9年のサトです。

この記事では、インドネシアで1か月生活した場合に実際にかかった費用をシェアします。

わたしの場合、「地方都市在住」「ひとり暮らし」「自炊メイン」という条件で生活していますが、よろしければご覧ください。

 

2018年9月の生活費

では、早速、2018年9月にかかった生活費を見ていきましょう。

まずは、費用項目別に表を作ってみました。

「費用項目」は、「食費」とか「交通費」とかですね。

 

No 費用項目 金額(ルピア) 備考
1 食費 2,685,176 主に食材
2 日用雑貨 405,500 主に消耗品
3 交通費 184,000
4 娯楽費 158,597 音楽、マンガ
5 医療費 103,082
6 ランドリー 13,000
合計 3,549,355

 

合計、350万ルピア(26,000円強)でした。

 

考察

では、考察です。

相場との比較

わたしの場合、1か月の生活費はだいたい300万ルピアぐらいというのが相場。

2018年9月は、350万ルピア強と、若干足が出た形になっています。

足が出た原因として一番大きいのは、日曜日が5回あったことです。

わたしはいつも日曜日に1週間分の食材なんかを買うのですが、それでだいたい40万〜50万ルピアは使ってしまうので。

 

75%が食費

また、いつもどおりと言うかなんというか、食費がエライことになっています。

サト

なんせ、75%以上が食費ですからね……。

まあ、わたしの場合、家は職場の寮で、家賃が無料というのも大きいです。

 

家賃を払った場合

ちなみに、わたしの町だと、ホットシャワー+エアコンが使える部屋の家賃は、最低でも250万ルピアはします。

仮に家賃が250万ルピアかかったとしても、もろもろ含めて600万ルピア(45,000円強)で生活できてしまいます。

冒頭でも書いたとおり、「地方都市在住」「ひとり暮らし」「自炊メイン」という条件つきではありますが。

サト

あ、あと、お酒飲みません。

 

まとめ

この記事では、インドネシアで1か月生活した場合に実際にかかった費用をシェアしました。

生活費は、「どこに住むか」を含めて「どんな生活をするか」によって当然大きく変わってくるのですが、ご参考になれば幸いです!

 

また、2018年9月以外の生活費も別記事にまとめておりますので、よろしければどうぞ。

[インドネシア] 生活費はいくら? 一人暮らし・自炊メインの場合(2018年3月)

2018年5月19日

[インドネシア] 生活費はいくら? 一人暮らし・自炊メインの場合(2018年5月)

2018年6月9日

[インドネシア] 生活費はいくら? 一人暮らし・自炊メインの場合(2018年7月)

2018年8月9日

[インドネシア] 生活費を公開! 地方・ひとり暮らし・自炊メインの場合(2018年11月)

2018年12月1日