▶ 一時帰国にオススメのSIM(タップで表示)

[書評/感想] 『東大読書』は「忘れない」読書! 読解指導のヒントも

サト
こんにちは! Kindleでの読書が大好きなサトです。

この記事を読んでいただいているということは、おそらくご自身も読書がお好きなんだと思います。

そして、こんな悩みを抱えているかも知れませんね。

「本を読んでも、内容を思い出せないことがある

……と。

サト
わたしも本を読んでも、中身が記憶に残ることはあまりありません……。

そして今回、こんなことが表紙に書いてある本を見つけました。

「マネするだけで、誰でも、どんな本でも! (中略)内容を忘れない

それが、今からレビューする本です。

この記事では、『東大読書』という本をご紹介します。

無料で内容を知る方法も、あとでお伝えします!

 

著者の西岡 壱誠氏について

ではまず、本書の著者である西岡にしおか 壱誠いっせい氏(以下、「西岡氏」)をご紹介しましょう。

西岡氏は、本書を書いた時点で現役東大生でした。

それだけでもすごいのですが、西岡氏はただの東大生ではありません

西岡氏には、こんなエピソードがあるんですよ。

西岡氏のエピソード
  • 高校時代は偏差値35
  • 東大に2回チャレンジするも不合格
  • とある「読み方」を実践し、東大合格
  • 東大で1973年から続く学内書評誌の編集長を務める
  • マンガ『ドラゴン桜2』に情報提供を行うプロジェクトリーダーも務める

 

偏差値35から大逆転で東大に入り、東大でも大活躍の西岡氏。

そのカギとなった読書術が、この本で紹介されているというわけです。

本書の良い点

わたしが本書を読んで「いいな」と思った点は、次の3点です。

本書の良い点
  1. 「内容を忘れない」読み方がわかる
  2. 自分の読み方のチェックができる
  3. (教師の立場で)読解指導のヒントが得られる

詳しく見ていきましょう。

①「内容を忘れない」読み方がわかる

まず、「内容を忘れない」読み方がわかる点。

これは、どんな読み方なのでしょうか。本書には、次のように書いてあります(太字はサトによる)。

東大生は、受動的に本を読むのではなく、本と対話・議論しながら、能動的に本を読みます。だからこそ、「知識を自分のものにして、同時に地頭力も身につける」ことができるのです。

西岡壱誠著『東大読書』(2018年 東洋経済新報社)より引用しました。

「知識を自分のものにする」から「忘れない」ということですね。

そして、本書では「能動的」な読み方が詳しく紹介されています。

「能動的」な読み方=手と頭を使いまくって読む

本書は、「能動的」に読む方法がステップバイステップで教えてくれます。

注目すべきなのは、ほぼ全てのステップで「書く」作業がある点。

次の表のとおりです。

ステップ 書く作業
装丁読み 本のタイトルから引き出した情報を付せんに書く
仮説作り 「目標」などを付せんに書く
質問読み 重要な質問をノートに書く
追求読み 疑問をノートに書く
要約読み まとめをノートに書く
推測読み 次の節・章の内容を推測してノートに書く
パラレル読み 2冊の本の共通点・相違点を付せんに書く
クロス読み 複数の本で議論が分かれるポイントをノートに書く
答え合わせ 「仮説作り」で書いた内容を修正する
アウトプット要約 本の「帯コメント」を書く
自分なりの結論を出す なし

 

 

表の中には「何のことを言ってるの?」と思う部分もあると思いますが、詳細は本書に譲りますね。

とにかく「書く」作業の多さにご注目いただければと思います。

一言で言うと、「手と頭を使いまくって読む」わけですね。

これだけやれば、たしかに記憶に残りそうです。

サト
個人的に手書きは面倒になってきているのですが、できそうなところからやってみます。

②自分の読み方のチェックができる

次に、自分の読み方のチェックができるのも、本書の魅力です。

たとえば、わたしは本によっては「ほんまかいな」とか「根拠が弱いなあ」などと(心のなかで)ツッコミを入れながら読むことがあります。

サト
そのたびに、「素直に読めないなあ」と反省していました。

でも、本書によると、ツッコミを入れるのは、むしろいい読み方なんだとか。

ちょっと引用しますね。

本当に必要なのは、「どうしてこうなんだろう?」「なぜ、こう言えるんだろう?」と、「常に質問を考えながら読む姿勢」 なんです。

西岡壱誠著『東大読書』(2018年 東洋経済新報社)より引用しました。

本書で紹介されているステップのうち、できていないことも多々ありましたが、できていることもあって自信になりました

③(教師の立場で)読解指導のヒントが得られる

最後に、(教師の立場で)読解指導のヒントが得られるのも本書の良い点です。

わたしは日本語教師をしていて、試験対策として読解の指導をすることもあります。

サト
その際に、「筆者の言いたいことは実はそんなに長くない。長くなるのは、理由や具体例があるから」という説明をしていました。

でも、本書にはもっとわかりやすい説明があったんです。

文章や本を「魚」にたとえ、次のように書いてあるんですよ。

どんな文章でもどんな本でも、最初から最後まで1本、「骨」になる「主張」が通っている のです。スタートからゴールまで、方向は定まっているわけです。そして、その「骨」になる「主張」に、さまざまな「身」がついている。先ほど紹介した、例や根拠などです。

西岡壱誠著『東大読書』(2018年 東洋経済新報社)より引用しました。

次回、読解を担当したら、この説明をパク……いや、参考にさせてもらおうと思っています。

また、展開を予測しながら読む方法も4パターン紹介してくれていて、こちらも役立つこと間違いなし。

サト
読解の授業が楽しくなりそうです!

 

無料で内容を知る方法

ここまでお読みいただいて、『東大読書』を読んでみたいと思われているかも知れませんね。

でも、貴重なお金を払う価値があるかどうかは迷いどころだと思います。

ご安心ください。無料で内容を知る方法がありますので!

それは、次の2つです。

無料で本書の内容を知る方法
  • Kindle Unlimitedの無料体験
  • Audibleの無料体験

両方とも、Amazonのサービスですね。

少し補足します。

Kindle Unlimitedの無料体験

まず、読み放題サービスであるKindle Unlimitedの無料体験です。

無料体験期間は30日間。

この期間内に解約すれば、お金は一切かかりません

ただし、本書は期間限定で読み放題対象になっています。

気になるなら、お早めにどうぞ!

30日以内に解約すれば料金ゼロ!

Audibleの無料体験

それから、オーディオブックの聴き放題サービスであるAudibleの無料体験を利用する手もあります。

Audibleでは、本書の内容を朗読したものを聴くことができます。

こちらもKindle Unlimitedと同じく、無料期間(30日)内に解約すれば、ゼロ円で利用できます

Kindle Unlimitedの無料体験が終わっている場合や、耳からの読書を試してみたい場合はオススメです!

まとめ

この記事では、『東大読書』という本をご紹介しました。

本書の良い点は、次のとおりでしたね。

本書の良い点
  1. 「内容を忘れない」読み方がわかる
  2. 自分の読み方のチェックができる
  3. (教師の立場で)読解指導のヒントが得られる

無料で内容を知る方法もあるので、詳細はぜひご自身の目(耳)でお確かめください!

30日以内に解約すれば料金ゼロ!

ちなみに、無料で読む方法としてKindle Unlimitedをご紹介しました。

Kindleの電子書籍は無料アプリでも読めるのですが、わたしはKindle端末を使い続けています。

その理由は、次の記事にまとめてあります!

また、Kindle端末を比較した記事はこちらです。