[比較] Prime ReadingとKindle Unlimitedの違いは? 読み放題歴2年のわたしが解説




サト
こんにちは! Kindle歴5年、Kindle Unlimited歴2年のサトです。

わたしはKindle Unlimited開始以来、ずっと利用し続けています。

Prime Readingが始まっても目もくれず、Kindle Unlimited愛を貫き通している……と言いたいところですが、気になったので比較してみました。

 

Kindle Unlimitedを無料で体験してみる

Prime Readingを無料で体験してみる

比較表

まず、Kindle UnlimitedとPrime Readingのかんたんな比較表を作ってみました。

 

Kindle Unlimited Prime Reading 備考
タイトル数 和書: 12万点以上
洋書:120万点以上
和書・洋書合計:1,000点弱
会費(税込) 980円/月 4,900円/年*
または500円/月*
*Amazon Primeの会費。
ビデオや音楽なども楽しめる
利用環境 Kindle端末、アプリ Kindle端末、アプリ
無料体験期間 30日間 30日間

 

大きな違いは、タイトル数と、会費です。

タイトル数は、Kindle Unlimitedのボロ勝ち。和書だけでも12万点と、Prime Readingの120倍ですからね。

一方、会費はPrime Readingの方がかなりお得感があります。月額だとKindle Unlimitedの半額程度ですし、年会費だと4,900円で、1日14円弱というレベル

しかも! Prime Readingを利用すると、Amazonプライムを利用することになるので、電子書籍だけじゃなく、ビデオや音楽なども楽しめてしまうんです。

まあ、海外だと権利の関係で、ビデオを楽しむのは、なかなか難しいんですが。そのあたりは、↓の記事にまとめてあります。

[Amazonプライム] 海外では利用価値が無い特典の数々をご紹介!

2018年9月8日

Prime Readingの魅力

Prime Readingが始まった2017年10月。その時点で1年以上、Kindle Unlimitedにお世話になっていたのですが……

サト
Prime Readingでもええかも……

と、心動きました。

 

Unlimited prime 01

 

なんせ、年間4,900円(税込)で、ある程度(当時約900タイトル)の本が読める。

毎日1冊読んだって3年弱かかる計算です。

しかも、本だけでなく、ビデオや音楽まで楽しめるとか、すごすぎる。

 

 

Kindle Unlimitedは980円(税込)ですが、これ、月額ですからね……。しかも、利用できるのは本のみ。

あと、Prime Readingは検索もしやすいのです。 

Prime Readingのページを開いて、「カタログを閲覧」をクリック。

上の検索窓にキーワードを入力して検索。

たった、これだけなんです! わかりやすいですよね。

Prime Readingを無料で体験してみる

わざわざ書くまでもないのでは、と思われるかもしれませんが、Kindle Unlimitedで検索しようとすると、こうはいかないんです! それだけで、別に記事が書けるぐらいややこしかったりします。

Kindle Unlimitedの検索方法は別記事にまとめてありますので、ご参考まで。

Kindle Unlimited 対象本を検索!探し方を図解するよ(サイト/アプリ/Kindle端末)

2018年2月17日

Kindle Unlimitedの魅力

 

Prime Readingはコストパフォーマンスが魅力。でも、わたしは結局Kindle Unlimitedを使い続けています。

 

Unlimited prime 02

理由は、Kindle Unlimitedだと読める本が多いから。この1点につきます。

サト
シンプルすぎてすみません……。読める本が多いということは、マニアックな本もあるということです。

何せ、和書12万点以上が読み放題なんですよ! 1日1冊読んだって、300年以上かかってしまいます。さらに洋書は120万点もあるそうで……。

 

当然、実際にはそんなに読めません。

Prime Readingが始まった2017年10月から2018年3月までの間に、わたしがKindle Unlimitedで読んだ本は、14タイトルなのですが……。

Prime Readingで読めるのはたったの1タイトルのみでした! 

詳しくは、↓の表をご覧ください。

さらに、この表には載せてませんが、毎週お世話になっている『ニューズウィーク日本版』もKindle Unlimitedでのみ読むことができます。 

あ、ちなみに、Prime Readingで読める本は全てKindle Unlimitedでも読めます。

 

No. タイトル Kindle Unlimited対象 Prime Reading対象
1 ラーマーヤナ(上) ×
2 ラーマーヤナ(下) ×
3 ななつのこ ×
4 スマホ時代のタスク管理「超」入門 ×
5 自分への取材が人生を変える ×
6 みんなが書き手になる時代のあたらしい文章入門 ×
7 ビットコイン入門
8 モチベーション革命 ×
9 ストレスゼロの伝え方 ×
10 論点思考 ×
11 大前研一ビジネスジャーナルNo.2 ×
12 人間関係の整理術 ×
13 話のおもしろい人の法則 ×
14 辞書を編む ×

別に「Prime Readingで読める本は悔しいから……」と、意図的に避けていたわけではありません。

純粋に興味をそそられる本ばかり読んでいたら、結果的にこうなったのです。

おそらく、インドの叙事詩である『ラーマーヤナ』や、国語辞典のことばを集め、説明を書いていく作業をつづった『辞書を編む』なんかは、万人受けはしないと思います。

でも、このタイトルを見たとき、わたしはめっちゃテンション上がったんです。

サト
『ラーマーヤナ』はインドネシアでも有名で、デパートの名前にもなっているぐらいなんですが、内容は知らなかったし。

また、日本語教師という職業柄か、『辞書を編む』は、今までKindle Unlimitedで読んだ本の中で一番続きが気になった、と言っても過言ではないぐらいおもしろかったです。

Kindle Unlimitedだと、ある意味「マニアック」な本も対象になっていますし、月々980円の定額なので、気軽に読めるんですよね。万一ハズレでも、ノーダメージです。まさに無敵。

もちろん、Prime Readingにもおもしろそうな本、役に立ちそうな本は多数あります。『君の名は。』とか、『人生の勝算』とか。

 

Unlimited prime 03

 

2018年8月15日追記
『君の名は。』『人生の勝算』もKindle Unlimited、Prime Reading対象から外れたようです……。
2018年9月4日追記

Kindle Unlimitedで堀江貴文さんの『多動力』や、大橋弘祐さんの『難しいことはわかりませんが、英語を話せる方法を教えてください!』などを読んでみましたが、両方ともかなりおすすめできます。

しかも、両方ともPrime Readingでも読めます!

Kindle Unlimitedでいくらぐらい得したかは、別記事にまとめてありますので、よろしければどうぞ。

[検証] Kindle Unlimitedの料金は? 本当にお得なの?

2018年4月8日

[検証] Kindle Unlimitedに980円/月の価値はあるの? (2018年4月〜6月)

2018年7月5日

Kindle Unlimitedを無料で体験してみる

 

まとめ

というわけで、個人的にはKindle Unlimitedから離れられなくなっています。

ビデオや音楽を楽しみつつ、たまに本も読みたい! という方は、Prime Readingもオススメですよー。

いずれも30日間無料で体験できるので、気になる方は↓からどうぞ。

ちなみにわたし、Kindle UnlimitedはKindle端末で楽しんでいます。スマホやタブレットでも読めるんですけどね……その理由は、↓の記事にまとめてあります。

[比較] Kindleとスマホ/タブレットの違いは? Kindleを5年使ってわかったこと

2018年4月10日