[インドネシア] 電子マネー「OVO」のキャッシュバックをご紹介

サト
こんにちは! インドネシア語学習歴20年以上、インドネシア滞在歴9年のサトです。

この記事では、インドネシアの電子マネー「OVO」の「キャッシュバック」をご紹介します。

 

OVOの「キャッシュバック」

インドネシアの電子マネー「OVO」。

当初は、「OVO」を使って買い物をすると、10%のキャッシュバックがありました。

ovo cashback

日本だとスーパーのポイントの還元率って1%が普通じゃないでしょうか。

サト
その点、10%というのはものすごい還元率!

と、テンション上がってました。

まあ、2018年9月の時点で5%になってしまったのですが。

[インドネシア] 電子マネー「OVO」のキャッシュバック率ダウン……

2019年2月28日追記

hypermartでは、今も10%のキャッシュバックがあります。

hypermartはOVOと同じLippoグループなので、優遇されているのでしょう。

同じくLippoグループのMatahariなどでも10%のキャッシュバックがあるかもしれません。

が、わたしは利用しないのでよくわかりません……。

この「キャッシュバック」ですが、「OVO」の残高とは別の、「OVO POINTS」に加算されます。

そして、「OVO」を使って支払う際に、1ポイント=1ルピアとして使うことができるんです!

「OVO」の加盟店舗数は、例えば「Go-Pay」の比ではありませんし、何なら通販サイト「Tokopedia」でも使うことができます。

そのおびただしい数の店で「OVO」を使う→「チャリンチャリン」とキャッシュバック→「OVO」使う→チャリンチャリン……と、無限ループにはまっているわたし。

サト
ものすごく、「囲い込まれてる感」があります。

クーポンとの交換もできる

この「OVO POINTS」ですが、店舗での支払いに使えるだけではありません。

クーポンとの交換もできるんです!

ポイントの交換は、「OVO」アプリの「Deals」というメニューで行います。

 

こちら、クーポンの検索画面。

試しに「Near Me」で探してみると……。

……ないんかい。

hypermartで使えるものがないかと思い、カテゴリー「Supermarket」をタップすると……。

……やっぱり、ない。

しかし、カテゴリー「Entertainment」にカラオケDIVA発見! これ、近所にもあるんです!

……でも、ジャカルタの、しかも1店舗でしか使えない。

もし使えたら、ひとりカラオケでも行こうかと思ってたのに……。

わたし、地方在住なのですが、クーポンに交換するという選択肢は「なし」です。

ただし、同じ「Deals」メニューから寄付をすることもできたりします。

[インドネシア] 電子マネー「OVO」のポイントを寄付する方法

 

まとめ

この記事では、インドネシアの電子マネー「OVO」の「キャッシュバック」をご紹介しました。

「OVO」は店舗での支払いだけでなく、オンラインタクシー「Grab」でも使えますし、わたしの生活はかなりの範囲でキャッシュレス化が進んでいます。

ご参考になれば幸いです!

「OVO」や「Grab」についての基本的な情報は、↓の記事にまとめてあります。

[インドネシア] 電子マネー「OVO」まとめ! そもそも信頼できるの?

[インドネシア] GrabはGo-Jekの後追い?利用価値は?

カテゴリー/Categories

アーカイブ/Archives