▶ 一時帰国にオススメのSIM(タップで表示)

授業用ガジェット

サト
こんにちは!日本語教師歴10年以上のサトです。

授業にガジェットを導入することで、環境が整い、いろいろラクできることがあります。

このページでは、わたしが授業に使っているガジェットをご紹介しています。

授業に使っているガジェット

早速ですが、わたしが授業に使っているガジェットは次の3点です。

授業で使えるガジェット

  1. Fire(Amazonのタブレット)
  2. ワイヤレスヘッドセット
  3. Bluetoothスピーカー

それぞれ、かんたんにご紹介しましょう。

①Fire(Amazonのタブレット)

まず、「Fire」というAmazonのタブレットです。

「Fire」のいい点は、次のとおり。

Fireタブレットのいい点

  1. コスパ良好
  2. Zoomが使える(「Fire HD 8」以上を推奨)
  3. Bluetoothスピーカーとの接続良好
  4. Zoom以外にも授業で使えるアプリがある

とにかく安い上、対面授業にもオンライン授業にも使えるので、うれしい存在です。

詳しくは、次の記事にまとめてあります。

②ワイヤレスヘッドセット

次に、「G5」というワイヤレスヘッドセットです。

わたしはオンライン授業に使っているのですが、ハイブリッド授業でオンライン参加の学生といつでもコミュニケーションできそうです。

「G5」の良い点は、次の通り。

「G5」の良い点

  1. 通話品質がいい
  2. コスパもいい
  3. ケースがあるので、破損のリスクが低い

うれしいポイントはいろいろあるのですが、最大の魅力は通話品質です。

わたしは音楽用のワイヤレスヘッドホン(マイク付き)でオンライン授業をしようとしたのですが、満足の行く音質のものが見つからず……。

その点、「G5」はクリアにわたしの声を届けてくれます。

Zoomで録音した音声をお聞きください。

左下の白い三角マークを押すと、再生できます。

サト
通話が目的なら、やはりそれに合ったものを使ったほうがいいなと思いました。

「G5」について、詳しくは次の記事をご覧ください。

③Bluetoothスピーカー

最後に、Bluetoothスピーカーです。

対面授業で使うと、次のようなメリットがあるんですよ。

Bluetoothスピーカーを使うメリット

  1. 学生の理解度を把握しやすい

  2. 持ち運びがラク

  3. 停電時でも使える

 

Bluetoothスピーカーを使うと手元のスマホなどで操作ができるので、教室を歩き回れます。

結果、学生の理解度を把握しやすくなるのが最大のメリットです。

オススメのBluetoothスピーカー含め、詳しくは、次の記事をお読みください。