MENU
一時帰国にオススメのSIM情報はこちら!(タップで表示)

[教室用/授業用] オススメのBluetoothスピーカー2選(4,000〜5,000円台)

サト
こんにちは! 日本語教師歴10年以上のサトです。

以前は日本語の授業でCDプレーヤーを使っていたのですが、今はBluetoothスピーカーを使っています。

Bluetooth接続だと、手元で音声の再生や停止などの操作ができるので、めちゃくちゃ便利。

音声を流しながらの机間巡視も思いのままです!

この記事では、教室(授業)で使うのにオススメのBluetoothスピーカーを2つ、ご紹介します。

あわせて読みたい
教室でBluetoothスピーカーを使うメリット わたしは教室で音声を流すときには、必ずBluetoothスピーカーを使っています。 この記事では、教室でBluetoothスピーカーを使うメリットを3つご紹介します。   【教室で...
セール情報
[speaker]
タップ/クリックできる目次

オススメの2点

オススメのスピーカーは、次の2点です。

オススメのBluetoothスピーカー
  1. Anker Soundcore2
  2. JBL GO3

比較表

2つのスピーカーの特徴を表にまとめてみました。

製品名 Anker Soundcore 2 JBL GO3
教室の収容人数 50人程度 15人程度
出力(W) 12 4.2
サイズ(幅x高さx奥行、mm) 167 x 47 x 56 87.5 x 75 x 41.3
重量(g) 414 209

では、「Soundcore 2」から見てみましょう。

50人程度収容の教室なら「Anker Soundcore2」

まず、50人程度の教室なら、「Anker Soundcore2」がオススメです。

わたしはこのスピーカーを使ったことはないのですが……。

以前オススメしていたスピーカーのひとつは、このメーカーのものでした。

サト

なので、信頼できます!

Anker Soundcore2の良い点

Anker Soundcore2の良い点は、次の3点です。

Anker Soundcore2の良い点
  1. 50人程度でも十分な音量
  2. 2.5時間充電で24時間連続再生可能
  3. 電池の残量が分かる(iOSのみ)

順に見ていきましょう。

①50人程度でも十分な音量

まず、「Anker Soundcore2」の出力は12Wで、50人程度の教室でも十分すぎるほど大きい音が出ます。

わたしが使っているスピーカーは10Wですが、50人の教室でリスニングの授業はもちろん、試験でも全く問題ありません!

②2.5時間充電で24時間連続再生可能

それから、「Anker Soundcore2」は燃費がものすごくいいんですよ。

2時間半充電すれば24時間も電池がもつんです!

③電池の残量が分かる(iOSのみ)

また、iOS限定ですが、電池の残量がリアルタイムで分かるのもポイント高し、です。

次の写真は、わたしが以前使っていたAnker(同じメーカー)のスピーカーをスマホにつないで取ったスクリーンショットです。

接続前はこんな感じ。

Speaker 02

接続すると、電池の残量がバッチリ分かるんですよ!

Speaker 08

Anker Soundcore2の悪い点

Anker Soundcore2の悪い点は、1つだけです。

Anker Soundcore2の悪い点
  • サイズが大きい

大きい音が出るだけあって、さすがにサイズは大きめ

500mlのペットボトルより、一回り小さいぐらいのサイズです。

重さも400gと、こちらも500mlのペットボトルよりちょっと軽いぐらい。

なかなかの存在感ですね。

サト
カバンに常に入れておくのがしんどい場合は、職場に置いておくのもアリかもしれません。

15人程度収容の教室なら「JBL GO3」

それから、15人程度収容の教室なら、「JBL GO3」で十分です。

実はわたしは「JBL GO3」の1代前の「JBL GO2」を使っています。

サト
ただ「JBL GO3」のほうが安くて性能もいいので、こちらをご紹介しますね。

JBL GO3の良い点

まずは、JBL GO3の良い点からどうぞ。

JBL GO3の良い点
  1. 15人程度なら十分な音量
  2. いつでもカバンに入れておける

1点ずつ見てみましょう。

①15人程度なら十分な音量

まず、「JBL GO3」は、15人程度なら十分な音を出してくれます。

出力は4.2W

わたしが使っているのは出力3Wの「JBL GO2」ですが、15人程度なら教室のすみずみまで響き渡る音を出してくれています。

サト
「JBL GO3」は4.2Wなので、それよりも大きい音が出るわけですね。

②いつでもカバンに入れておける

また、「JBL GO3」は、常にカバンに入れておいても、重さもサイズも気になりません

なんせ、重さは新書1冊ぐらい(209グラム)。

サイズも、半分に折ったハガキより少し小さいぐらい(約8.8センチx7.5センチ)です。

わたしが使っている「JBL G02」(8.5センチx7.5センチ)よりは少し大きくなっていますが、ほぼ同じですね。

「JBL GO2」とクレジットカードサイズのカードを重ねてみました。

サト
これぐらいなら、全然邪魔になりませんよね!

JBL GO3の悪い点

逆に、悪い点は次の2点です。

JBL GO3の悪い点
  1. 燃費が悪い(2.5時間充電→5時間再生)
  2. 電池の残量がわからない

「燃費」から見てみましょう。

①燃費が悪い(2.5時間充電→5時間再生)

まず、「JBL GO3」は、燃費が良いとは言えません

2時間半充電して、使えるのは5時間

サイズが小さい=電池も小さいので、仕方ないところですね。

②電池の残量がわからない

それから、「JBL GO3」には、電池の残量がわからないという欠点もあります。

サト
とは言え、こまめに充電すれば、何とかなります!

まとめ

この記事では、教室で使うのにオススメのBluetoothスピーカーをご紹介しました。

ご参考になれば幸いです。

ちなみに、ご紹介したスピーカーでなくても、出力が3Wあれば15人ぐらい、10Wあれば50人収容の教室で十分使えますので!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップ/クリックできる目次