インドネシア語で「すぐ」は「segera」? 日常会話では……




Sato
こんにちは! インドネシア語学習歴21年、日本語教師歴9年のサトです。

今回は、「すぐ」とインドネシア語で言いたいとき、何と言えばいいかをご紹介します。

「segera」はほぼ耳にしない

日本のとある大学でインドネシア語を学んだ際、「すぐ」=「segera」と教わりました。
無理やりカタカナにすると「スグラ」。
「すぐ」と「スグラ」。覚えやすい!と感動したかどうかは定かではありませんが、音声を結びつけて覚えました。

ところが。

いざインドネシアで生活を始めると、「segera」を日常生活ではほぼ聞かないのです。

せいぜい空港でのファイナルコールで

「お急ぎ◯◯番搭乗口よりご搭乗ください」

の「お急ぎ」に当たる部分で使われているぐらい。
Sugu in indonesian 01

まあ、インドネシアで生活していると言っても、スマトラ島のとある町をほぼ出てないのですが……。

日常生活では「langsung」

 
では、「すぐ」と言いたい場合、何と言えばいいのか。答えは見出しにもありますが、「langsung」です。

同僚の先生にも確認してみました。日本語が堪能で、言語学の分野で博士号も取得済みという方です。

サト
インドネシア語で「すぐ」って言いたいとき、何て言いますか。
「langsung」ですね。 
サト
わたしは大学で「segera」って習ったんですけど、空港ぐらいでしか聞いたことがなくて……。
そうですね、「segera」はフォーマルな言い方ですから。

……とのことでした。

たとえば、何か仕事を頼んだあとに、「すぐにやってね!」と言いたいときは、

Langsung saja ya!(ランスン サジャ ヤ)

……と言えばわかってくれます。

本当に、すぐにやってくれるかどうかは別にして。

ちなみに、この「langsung」は、「直接」という意味にもなります。
間に何もない、というイメージ。
それが時間にも使えて、「すぐ」という意味になっているのかもしれません。

まとめ

というわけで、インドネシア語(日常生活)で「すぐ」と言いたい場合は、「langsung」を使いましょう!

ただし、 先ほど書いた通り、これはスマトラ島のとある町での出来事。
一応、周りにインドネシアの方がいれば確認いただいたほうが確実です。