MENU
一時帰国にオススメのSIM情報はこちら!(タップで表示)

インドネシア語のオンラインレッスンをDMM英会話で受けた感想

サト

インドネシア語を20年以上、学習しているサトです。

在宅勤務が続く中、気分転換にDMM英会話でインドネシア語のレッスンを受けてみました。

DMM英会話はオンライン英会話のサービスですが、先生が了承すれば、インドネシア語のレッスンも受けられるので。

インドネシア人の先生は、わたしが見た限りでも10人以上は在籍しています。

さらに6,480円/月で毎日レッスンが受けられるので、お得感しかありません!

この記事では、DMM英会話でインドネシア語のレッスンを受けた感想や、メリット・デメリットなどを紹介します。

メリット・デメリットを先に書いておくと、次のとおりです。

メリット
デメリット
  • 料金が安いので続けやすい
  • レッスンの質が高いので安心
  • 先生が明るく優しいのでレッスンが楽しい
  • レッスン中は英語かインドネシア語でのやり取りになる
  • インドネシア語の教材がない

\ 無料でレッスンが2回も試せる! /

タップ/クリックできる目次

DMM英会話でインドネシア語のレッスンを受けた感想

わたしはDMM英会話でインドネシア語のレッスンを10回以上受けてきました。

その中で感じたのは、次の2点です。

それぞれ詳しく説明しましょう。

よく使うけど知らない単語を学習できる

まず、DMM英会話では、よく使うけど知らない単語が学習できます。

わたしはインドネシア語を20年以上学習していますが、例えば「エプロン」という単語は知りませんでした。

レッスンで次の写真の状況を説明するときに、先生に教えてもらうまでは。

DMM英会話公式サイトより引用しました。

「エプロン」という単語自体は知らなくても今までやってこられました。

でも、インドネシア人なら誰でも知っていそうな単語でもあります。

サト

こういう単語を増やしていくことは、プラスになってもマイナスになることはありません!

ちなみに「エプロン」はインドネシア語で「celemek」。先生がチャットで送ってくれました。

チャットの履歴をマイページでいつでも見られるのも、うれしいポイントです。

的確なフィードバックが受けられる

それから、DMM英会話では的確なフィードバックを受けられます。

先ほどの写真(再掲)のレッスンでのこと。

DMM英会話公式サイトより引用しました。

「子どもがオリーブオイルをかけている」状況を、わたしは次のように説明しました。

サト

Anaknya sedang menyiram minyak zaitun ke salad.

「かける」を「meyiram」と訳したわけですね。

これに対し、先生は「menyiram」ではなく「menuangkan」を使うようにアドバイスしてくれたんです。

「menyiram」は花などに水をやるイメージなんだとか。

たしかにGoogleで検索しても、「menuangkan minyak zaitun」のほうが自然なようです。

他にも不自然(と思われる)インドネシア語をビシバシと指摘してもらって、大満足でした。

ふだんはフィードバックが受けられない

わたしは日常業務でインドネシア語を使っています。

でも、業務上のコミュニケーションさえ取れればいいわけで、ことばの正確さはどうしても二の次に……。

同僚がインドネシア語の間違いを直してくれることはありませんし、そんなことに時間を取らせるのも申し訳ないですし。

でもDMM英会話で、「間違いの指摘はビシバシお願いします」と伝えたら、ちゃんと指摘してくれる。

サト

めちゃくちゃありがたいです!

\ 無料でレッスンが2回も試せる! /

では次に、DMM英会話でインドネシア語のレッスンを受けるメリットを紹介します。

DMM英会話でインドネシア語のレッスンを受けるメリット

DMM英会話でインドネシア語のレッスンを受けるメリットは、次のとおりです。

順に見ていきましょう。

料金が安いので続けやすい

まずDMM英会話は料金が格安で、続けやすいというメリットがあります。

月額6,480円で、毎日1回(25分)レッスンが受けられるんですよ!

月に31回受けるとすると、1回あたり209円。

サト

さらに毎日3回レッスンが受けられるプランだと、1回あたり163円にまで抑えることができます!

この料金は他社と比べてもお得です。

インドネシア語のレッスンの料金(25分あたり)をまとめてみました。

DMM英会話preply Cafetalk
209円〜302円〜1,100円〜

英語ができるインドネシア人の先生のレッスン料金です。

Cafetalkはひとケタ違うので置いておいて。

DMM英会話(209円)とpreply(302円)はそこまで違わないのでは?と思ったかもしれませんね。

実はpreplyのレッスン時間は1回60分で、料金は1回724円〜となっています。

サト

60分724円を25分に換算すると、302円になるわけですね。

1回で長いレッスンを受けたいならpreplyもアリかもしれません。

ただ、次のメリットを考えると、やはりDMMのほうがおすすめです。

レッスンの質が高いので安心

それからDMM英会話のレッスンは質が高く、安心して受けられます。

レッスンの質を大きく左右するのは、先生でしょう。

DMM英会話の先生は、厳しい選考をクリアしています。

選考は面接も含めて5段階もあり、80以上の項目をパスしないと採用されないんだとか!

サト

採用率はわずか5%という狭き門です。

さらに、採用後もトレーニングがあるなど、人材育成に余念がありません。

一方、preplyでは採用面接はなく、組織として先生にトレーニングをしていることは確認できませんでした。

preplyのレッスンもすばらしいものはあるとは思います。

ただ、先生の育成に力を入れていることを考えると、やはりDMM英会話のほうがおすすめできます。

先生が明るく優しいのでレッスンが楽しい

最後にDMM英会話の先生方は、明るくて優しい方ばかり。

このため、レッスンを楽しむことができています。

それもそのはず。

実は、先生は採用面接で「人柄」や「楽しいレッスンができるか」をチェックされるんだとか!

公式サイトには、採用面接について、次のとおり書いてあります(太字はサトによる)。

発音やティーチングスキルの確認のほか、人柄や仕事への熱意をもっているかなどを総合的にチェックします。
この段階では「楽しいレッスンを提供できるか」を最大の基準としています。

DMM英会話公式サイトより引用しました。

実際にレッスンを受けた身から言わせてもらうと、公式サイトの説明には説得力しかありません。

サト

選ばれるべき人がちゃんと選ばれているということですね!

デメリットと対処法

逆に、DMM英会話でインドネシア語のレッスンを受けるデメリットは、次のとおりです。

DMM英会話でインドネシア語のレッスンを受けるデメリット

対処法も含めて、順に解説しますね。

レッスン中は英語かインドネシア語でのやり取りになる

まず、レッスン中、先生とは英語かインドネシア語でやり取りをすることになります。

日本語ができる先生は、プロフィールを見る限りいないみたいですし……。

でも、英語が苦手でも、対処はできます。

対処法(例)
  • レッスンで使いそうな英語を事前に調べておく
  • レッスン中、先生の英語がわからない場合はチャットに打ってもらう

事前に準備したり、文字でコミュニケーションを取ったりして対処するわけですね。

もちろん他にも方法はあるでしょう。

これで、英語が苦手でもある程度はカバーできます!

インドネシア語の教材がない

また、DMM英会話ではインドネシア語の教材がありません。

「英会話」のサービスなので、当然ですね。

わたしは次の方法でレッスンを受けています。

それぞれ、かんたんに説明します。

ネットで無料公開されている教材を使う

まず、ネットで無料公開されている教材が使えます。

わたしはインドネシア教育省のサイトにある、外国人向けインドネシア語の教材を使ってレッスンを受けてみました。

教材は7つのレベルがあり、無料でダウンロード可能です。

ただダウンロード方法が少しややこしかったりします……。

なので、ダウンロード方法をまとめた記事もあります。

よろしければ、ご活用ください。

英語の教材をインドネシア語のレッスンに活用する

それから、英語の教材をインドネシア語のレッスンに使うこともできます。

DMM英会話の英語教材(追加料金なし)の中には、インドネシア語のレッスンに活用できるものもあるんです。

次のような写真の状況を説明する教材とかですね。

DMM英会話公式サイトより引用しました。

写真の教材だけでも100種類以上あるので、全部やればインドネシア語で言えることがかなり増えそうです。

教材を使わずにフリートークをする

最後に、教材を使わなくてもレッスンをすることはできます。

たとえばフリートークなら教材はいりません。

フリートーク中でも、先生に質問することで新たな学びが得られます。

サト

わたしにとって、次のようなときは質問のチャンスです!

質問のチャンス
  • 先生が知らない単語を使ったとき
  • 言いたいことをインドネシア語でどう言うかわからないとき

DMM英会話のレッスンは、無料で2回まで受けられます。

少しでも気になるなら、ぜひお試しください!

\ 無料でレッスンが2回も試せる! /

DMM英会話のレッスンに関する基本情報

DMM英会話のレッスンに関する基本情報は、次のとおりです。

レッスンの料金について

DMM英会話でインドネシア語のレッスンが受けられるプランは「スタンダードプラン」というプランです。

レッスンの回数によって、次の3つがあります。

1日のレッスン回数1回2回3回
月額6,480円10,780円15,180円
1回あたりの料金209円〜174円〜163円〜

ご自身のペースに合わせて回数を選ぶといいでしょう。

ちなみに月の途中に入会しても、31日間レッスンを受けることができます。

レッスンの時間について

DMM英会話のレッスンの時間などに関する情報は、次のとおりです。

項目詳細
受講できる時間24時間
予約受付レッスン開始15分前まで
予約のキャンセル受付レッスン開始30分前まで

レッスンは24時間受けられますが、先生がいないと(当然)受けられません。

とは言え日本とインドネシアは時差も最大2時間なので、深夜や早朝を除けばいつでもレッスンが受けられる印象です。

よくある質問

ここで、DMM英会話についてよくある質問をまとめました。

無料体験後、放置したらそのまま課金が始まるの?

いいえ。無料体験後に改めて申し込まない限り、課金が始まることもありません。
無料体験に申し込む際には、支払方法の登録もありませんので、ご安心ください。

インドネシア人の先生の予約が取れないことはあるの?

わたしの場合、予約が取れないことは一度もありません。
※この記事を書いている時点で、10回以上レッスンを予約しています。

インドネシア人の先生を検索する方法は?

「予約・講師検索」画面の「国籍」の右側にある「カスタマイズ」をクリックしましょう。
ここで先生の国籍を絞り込めます。

インドネシア語のレッスンを希望する旨は、いつ、どうやって伝えるの?

レッスン予約フォームに「その他の希望」欄があるので、こちらに書いておきましょう。
書き忘れても、レッスンが始まってから希望を伝えたら対応してもらえました。

先生は遅刻しないの?

わたしの場合、先生が遅刻したことは一度もありません。
※この記事を書いている時点で、10回以上レッスンを受講しています。

ご参考まで。

まとめ

この記事では、DMM英会話でインドネシア語のレッスンを受けた感想や、メリット・デメリットなどを紹介しました。

メリット・デメリットは次のとおりです。

メリット
デメリット
  • 料金が安いので続けやすい
  • レッスンの質が高いので安心
  • 先生が明るいのでレッスンが楽しい
  • レッスン中は英語かインドネシア語でのやり取りになる
  • インドネシア語の教材がない

デメリットもある程度はカバーできる方法がありますし、メリットのほうがかなり大きいと感じています。

無料で2回も試せますので、気になるならどうぞ。

サト

無料体験後に自動的に有料会員になることもありませんので!

\ 無料でレッスンが2回も試せる! /

それから、おすすめのインドネシア語の学習法をまとめた記事もありますので、よろしければお読みください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップ/クリックできる目次