オススメのインドネシア語勉強/学習法〜第二言語習得理論も参考に

サト
こんにちは! インドネシア語の学習が大好きなサトです。

この記事では、オススメのインドネシア語学習方法をシェアします。

というか、わたしのインドネシア語学習方法ですが。

第二言語習得理論も参考にしております。

わたしのインドネシア語学習歴など

まずは、わたしのインドネシア語学習歴などをかんたんにまとめてみました。

 

わたしのインドネシア語学習歴など
  • インドネシア語学習歴 20年以上
  • インドネシア大学 外国人のためのインドネシア語コース 修了
  • Uji Kemahiran Berbahasa Indonesia* 600点(優)

*インドネシアの教育省が実施しているインドネシア語の試験、800点満点

 

なんか自分で書いててもすごそうなのですが、話すときにインドネシア語が出てこなかったり、「今日はカタコトやな」と思うときもあります。人間だもの。

でも、今からご紹介する方法を続けているうちに、そこそこのレベルを保てるようになりました。

 

多読と多聴とシャドーイング

その方法は、3つです。

 

わたしのインドネシア語学習方法
  1. 多読
  2. 多聴
  3. シャドーイング

 

それぞれ、かんたんに説明します。

 

①多読

多読は、インドネシア語の本を辞書なしでどんどん読む方法。

辞書を引かなくても、だいたい内容がわかって楽しめるぐらいのもの(小説とか)を読んでいます。

 

②多聴

多聴も、題材を選ぶポイントは多読と同じ。

だいたい分かることが大切です。

わたしの場合、NHKのニュース(インドネシア語)を毎日聞いています。

サト
NHKのニュースを聞く方法は、あとでご紹介しますね!

 

③シャドーイング

シャドーイングは、インドネシア語を聞きながら、追いかけて口に出していく練習。

わたしの場合、②のNHKのニュースを使っています。

 

なぜこんな練習を?

わたしが多読や多聴をしているのには、第二言語習得理論の影響があります。

第二言語習得理論というのは、第二言語をどう習得しているのかを明らかにする理論です。

第二言語というのは、母語を習得したあとに学ぶ言語のことですね。

サト
わたしの場合、母語は日本語で、第二言語は英語やインドネシア語になります。

で、この理論によると、第二言語を学ぶのに大切なのは、「読む」ことと「聞く」ことなんだそうです。

「話す」ことと「書く」ことについては、いろんな意見があるのですが、少なくとも「読む」ことと「聞く」ことが大切、というポイントに異論を唱える研究者はいないんだとか!

実際、多読については、こんな効果が期待できるそうです。

多読の効果
  • 第二言語を使う力も、試験で点を取る力も上がる

 

サト

すばらしすぎますよね!

このあたりは、次の2冊を読むとより理解が深まります。

 


英語はもっと科学的に学習しよう SLA(第二言語習得論)からみた効果的学習法とは

ちなみに、両方ともAmazonの読み放題サービス、Kindle Unlimited対象です。

両方とも英語について書かれた本ですが、日本語の多読についても同じ効果が期待できます。

詳しくは、次の記事をお読みください。

セミナー「日本語教師のための『多読』」に参加した感想

 

あと、シャドーイングについては、次の本を読んで始めました。

 

あくまで英語の話ですが、シャドーイングを100万語ぐらいやれば、聞いたり話したりするのに不自由しなくなるそうです!

 

オススメのコンテンツ

オススメのコンテンツですが、これはもう、レベルや興味によります。

なので、「これが絶対にオススメ! 」……とは言えません。

だいたいわかって、楽しめるものを選ぶのがコツです。

とはいえ、何も書かないのも申し訳ないので、いくつか紹介してみます。

 

多読にオススメ

まず、多読にオススメできるコンテンツです。

アプリ

まず、アプリです。次の2つをご紹介します。

  1. Gramedia Digital
  2. 子ども向けの話
①Gramedia Digital

まず、「Gramedia Digital」というアプリです。

このアプリでは、電子書籍を買ったり読んだりできます。

最大の魅力は、読み放題プランがあること。

iOSの場合、月額680円で、数千〜数万点の本が読み放題になります。

サト
「数千」も「数万」も公式情報だったりします……。
Gramedia Digital

Gramedia Digital
開発元:Apps Foundry
無料
posted withアプリーチ

初級者に特にオススメなのが、インドネシアのマンガ。

絵に対してことばが少ないので、かなり読みやすいはずです。

このアプリについては、別の記事に詳細をまとめてあります。

「Gramedia Digital」とは? インドネシアの読み放題サービスが使えるアプリ

②子ども向けの話

インドネシアの子ども向けに作られた、昔話などもアプリになっています。

が、絵に対して文が多めなので、ある程度インドネシア語を学習していないときついかもしれません。

ちなみに、子ども向けと言っても、あなどってはいけません。

知らない言葉が出てきたり、言葉は知っていても「こんな使い方するんか」という発見があったりするので。

サト
「cerita anak」とか、「dongeng anak」などをキーワードに検索するといろいろ出てきますよ!

たとえば、こんなのが見つかりました。すべて無料です。

Cerita Anak: Malin Kundang

Cerita Anak: Malin Kundang
開発元:EDUCA SISFOMEDIA INDONESIA, CV
無料
posted withアプリーチ
Cerita Anak: Danau Toba dan Asal Usulnya

Cerita Anak: Danau Toba dan Asal Usulnya
開発元:EDUCA SISFOMEDIA INDONESIA, CV
無料
posted withアプリーチ
Cerita Anak: Timun Mas dan Buto Ijo

Cerita Anak: Timun Mas dan Buto Ijo
開発元:EDUCA SISFOMEDIA INDONESIA, CV
無料
posted withアプリーチ

上のアプリの欠点は、1つのアプリで話が1つしか読めない点……。

1つのアプリにいろいろ入っているのもいくつかあったんですが、ダウンロードしてみると開けずにクラッシュしてしまいました……。

絵本や小説

インドネシアに住んでいれば、絵本や小説などを手にとって見るのもいいでしょう。

かんたんな本に慣れてきたら、徐々に絵の少ない本にシフトしていきましょう。

実際、わたしは小説を読んだりしています。

サト

ただし、情景描写は難しいので読み飛ばしてますが……。

だいたい、話の流れが分かればそれでよしとしています!

 

多聴・シャドーイングにオススメ

そして、多聴やシャドーイングです。

Youtube

まず、Youtubeのチャンネルをご紹介しましょう。

Dongeng Kita

このチャンネルでは、インドネシアの昔話などが動画つきで楽しめます。

たとえば、「スラバヤ」の由来とか。

字幕がないのが残念ですが、割とゆっくり話してくれているので、インドネシア語に少し慣れてきたら、多聴やシャドーイングに活用できるかと。

 

ニュースのPodcast

わたしが毎日シャドーイングに使っているPodcastがあります。

それは、「NHK World Radio Japan」のインドネシア語版です。

このPodcastには、こんな利点があります。

Podcastの利点
  • 無料
  • 日本のニュースが題材なので、わかりやすい
  • 毎日15分なので続けやすい

スマホのPodcastアプリで、「NHK World Radio Japan Indonesia」で検索してみてください。

わたしは皿洗いをしながらやっています。

スマホをポケットに入れたままだと水の音で聞こえにくいので、ワイヤレスイヤホンを使って。

 

 

車での移動中も多聴に使っていたりします!

サト
Grabで移動するので、さすがにシャドーイングは恥ずかしい……。

 

翻訳本(マンガ含む)はオススメできない

逆におすすめできないのは、翻訳されているコンテンツです。

これには、マンガも含みます。

多読の題材としてマンガが劣っているわけではありません。

むしろ、日本のマンガの一部は、日本語を勉強している人が多読をする場合にもオススメできるそうです。

問題は、翻訳が不自然なインドネシア語になっている場合があることです。

たとえば、マンガ「ワンピース」。

インドネシア語にも翻訳されていて大人気なのですが……。

サト
「こんな言い方聞いたことない」という表現が山ほど出てきますし、インドネシア人の友だちに聞いても「ちょっと不自然」と言われたりします。

以前、こんなツイートをしたりもしました。

こういう表現を使うとやっぱり「ちょっと不自然」と思われるので、オススメできないわけですね。

自然な翻訳のマンガもあるのかもしれませんが、自然な表現かどうかを調べるのには、ものすごい手間がかかります。

インドネシア人の友だちに聞いたり、Googleでどれぐらい使われているのか調べたり……。

それに手間をかけるぐらいなら、初めからインドネシア生まれの本(マンガも含む)を手にしたほうが早いし確実です。

 

まとめ

この記事では、わたしのインドネシア語学習方法をシェアしました。

まとめると、次のとおりですね。

わたしのインドネシア語学習方法まとめ
  • だいたいわかる(かつ楽しい)ものを選ぶ
  • 読んだり聞いたり口に出したりする
サト

この方法で、インドネシア語が上達することを祈っております!

カテゴリー/Categories

アーカイブ/Archives