海外に単身赴任なら楽天モバイル+楽天ひかり! 家族のネット代が1年間無料に

mohamed HassanによるPixabayからの画像
サト
こんにちは! インドネシアに住んでいるサトです。

わたしは一時帰国の際は「楽天モバイル」の利用をゴリ押ししています。

そして、もし海外に単身赴任される場合は、「楽天モバイル」と「楽天ひかり」(家でのネット)を契約されることをオススメします。

なんせ、このコンビだと、「楽天ひかり」が1年間無料になりますから。

日本のご家族のネット代が、1年間タダになるということですね。

しかも、「楽天モバイル」と「楽天ひかり」を同時に申し込まなくても大丈夫なんですよ!

この記事では、「楽天ひかり」の特徴と1年間無料キャンペーンの条件、注意点をシェアします。

 

「楽天ひかり」とは?

まず、「楽天ひかり」について、かんたんにご紹介しましょう。

「楽天ひかり」は、楽天グループのインターネットサービスです。

このサービスを利用することで、家でインターネットができるようになります。

 

「楽天ひかり」の特徴は?

では、「楽天ひかり」には、どんな特徴があるのでしょうか。

次の3点に絞って、ご紹介しますね。

楽天ひかりの特徴
  1. 1年間無料キャンペーンがある
  2. インターネットの速度が速く、安定している
  3. 楽天ポイントが貯まりやすくなる

順番に見ていきましょう。

 

①1年間無料キャンペーンがある

まず、何と言っても1年間無料キャンペーンがある点。

「楽天モバイル」と「楽天ひかり」を申し込めば、「楽天ひかり」の利用料が1年間無料になるんですよ!

サト
海外に単身赴任する場合など、日本のご家族のネット代を1年間払わなくてもいいということになります。

詳しい条件は、あとで書きますね。

このキャンペーンが大好評だとかで、「楽天ひかり」の担当の方が次の通りおっしゃっていました。

他社から乗り換える方の半数が解約金を払って「楽天ひかり」に乗り換えています。

解約金を払っても、「楽天ひかり」に乗り換えるメリットが大きいということですね!

 

②インターネットの速度が速く、安定している

それから、インターネットの速度が速くて、安定しているのも「楽天ひかり」の特徴です。

速度は、実際に測ったものを「楽天ひかり」の公式サイトで確認できます。

公式サイトにアクセスしたら、次の順番でタップ/クリックしてみてくださいね。

  1. 公式サイト右上の「メニュー」
  2. 「高速インターネット」
  3. 「通信速度 実測情報」
サト
東京、仙台、広島での速度が見られますよ!

ちなみにわたしが見たときは、次のとおりでした。

 

場所 速度
東京 631.26Mbps
仙台 397.06Mbps
広島 568.68Mbps

 

だいたい400〜600Mbpsは出てますね。

「楽天ひかり」公式サイトによると、ものすごく画質の良い動画(4K動画)を快適に見るためには、25Mbp必要です。

250Mbpsではなくて、25Mbpsですよ!

なので、その20倍以上の速度が出ている「楽天ひかり」だと余裕ですね。

③楽天ポイントが貯まりやすくなる

最後に、楽天ポイントが貯まりやすくなるのも魅力的な点です。

「楽天ひかり」に加入していると、楽天市場での買い物の際、通常のポイントに加えてさらに1%ポイントがもらえます!

 

「楽天ひかり」1年間無料キャンペーンの条件は?

ここまで「楽天ひかり」の特徴をお伝えしてきましたが、やはりいちばん魅力的なのは1年間無料キャンペーンですよね。

このキャンペーン、どんな条件があるのでしょうか。

それは、「楽天モバイル」と「楽天ひかり」の申し込みのタイミングです。

次の2パターンに分けて解説しますね。

申し込みのパターン
  1. まだ「楽天モバイル」を利用していない場合
  2. すでに「楽天モバイル」を利用している場合

では、①から見ていきましょう。

 

①まだ「楽天モバイル」を利用していない場合

まず、まだ「楽天モバイル」を利用していない場合です。

この場合は、次の順番に申し込みましょう。

申し込む順番
  1. 「楽天ひかり」申し込み
  2. 「楽天ひかり」申し込みの翌月15日までに「楽天モバイル」申し込み

たとえば、8月1日に「楽天ひかり」に申し込んだ場合、9月15日までに「楽天モバイル」に申し込めばいいことになります。

サト
同じ楽天IDで申し込まないとキャンペーンの対象外になりますので、そこだけ気をつけましょう。

②すでに「楽天モバイル」を利用している場合

それから、すでに「楽天モバイル」を利用している場合です。

この場合は、そのまま「楽天ひかり」に申し込むだけでOK。

「楽天モバイル」申し込み後、いつまでに「楽天ひかり」に申し込まないといけないという期限もありません

サト
こちらも、「楽天モバイル」と「楽天ひかり」の楽天IDが同じになるように気をつけましょうね。

 

「楽天ひかり」の注意点は?

これだけ魅力的な「楽天ひかり」ですが、注意すべき点もあります。

次の2点をご紹介しましょう。

「楽天ひかり」の注意点
  1. 3年縛りがある
  2. 初期費用・工事費・オプション料がある

「3年縛り」から解説しますね。

①3年縛りがある(それでもお得)

まず、3年縛りがある点。

1年間無料で、そのままサヨナラ、とされたら「楽天ひかり」としても大損なので、縛りがあるのは仕方ないですよね……。

3年の契約期間中に解約する場合は、契約解除料として10,450円(税込)を払わないといけません。

と言っても、2年目以降の料金は以下の通りです。

プラン 月額(税込)
戸建プラン 5,280円
集合住宅プラン 4,180円

この料金自体、かなりお得なんですよ。

他社の料金と比較してみましょう。以下の金額は、全て月額(税込)です。

楽天ひかり ドコモ光 SoftBank 光 ビッグローブ光
戸建プラン 5,280円 5,720円〜 5,720円 5,478円
集合住宅プラン 4,180円 4,400円〜 4,180円 4,378円

 

色々数字がありますが、他社のプランで「楽天ひかり」より安いものはありません

しかも、1年間無料ですからね。

サト
3年間のトータルで見れば、「楽天ひかり」がお得であることは変わりありません!

 

②初期費用・工事費・オプション料がある

それから、当然といえば当然ですが、次の費用はかかってしまいます。

かかる費用
  • 初期費用
  • 工事費
  • オプション料

 

それぞれいくらになるかは、状況次第。

たとえば、オプションはつけてもつけなくてもいいので、つけなければ当然ゼロ円です!

参考までに、現在「フレッツ光」を利用している場合、「初期費用」「工事費」は次のとおりです。

金額(税込) 備考
初期費用 1,980円 登録費、初月のみ
工事費 0円

「初期費用」「工事費」については、「楽天ひかり」の公式サイトでわかりますので、ぜひご利用ください。

公式サイトの真ん中ぐらいにある「料金かんたんシミュレーション」でかんたんに計算できますよ!

まとめ

この記事では、「楽天ひかり」について解説しました。

「楽天モバイル」と「楽天ひかり」を契約すると、家のインターネットが1年間無料になります。

「楽天モバイル」は維持費がかからないので、次のようなパターンがオススメです。

  • 海外に単身赴任される場合、「楽天モバイル」を一時帰国用に契約
  • ご家族は「楽天ひかり」を1年間無料で利用

ぜひご検討ください!

なお、「楽天モバイル」が海外赴任などにオススメな理由は、↓の記事にまとめてあります。

一時帰国時のSIM問題は楽天モバイルですべて解決! 駐在/留学にオススメの理由と注意点

カテゴリー/Categories

アーカイブ/Archives