インドネシア語で「終わる」は「selesai」?「berakhir」とどう違うの?




サト
こんにちは! インドネシア語学習歴21年、インドネシア滞在歴9年のサトです。

今回は、インドネシア語の「終わる」という言葉をいくつかご紹介します。

 

【1】selesai

わたしがよく耳にするのは、「selesai」という言葉です。「終わる」「完成する」などの意味があります。

例を見てみましょう。

「selesai」の例

pekerjaan belum selesai (仕事がまだ終わっていない)

mulai 8.30 s/d selesai (8:30から終わるまで *会議などの予定)

Power Point-nya sudah selesai?(パワポ、もうできた?)

 

【2】berahir

「berakhir」という言葉もあります。同僚(インドネシア人)いわく、終わりは終わりでも、もう続きがないときに使うんだとか。

Kapan dunia ini berakhir? (この世界の終わりはいつなのだろう?)

masa jabatan berakhir (任期を終える)

paket internet akan berakhir (インターネットパッケージの有効期限が切れる)

まあ、同じ意味で「selesai」が使われているのもよく耳にしますが……。「selesai」はいろいろ使えるということですね。

 

【3】tamat

おまけですが、「tamat」という言葉もご紹介します。

これも「終わる」という意味なんですが、「学校を卒業する」とか「アニメやドラマが最終回を迎える」というときによく使います。

「tamat」の例

tamat sekolah (学校を卒業する)

Anime Naruto tamat (ナルトが終わってしまった)

 

まとめ

今回は、インドネシア語の「終わる」という言葉をご紹介しました。表にまとめてみます。

 

No インドネシア語 日本語
1 selesai 終わる(広く使える)
2 berakhir 終わる(続きがない場合に使える)
3 tamat 卒業する/最終回を迎える

 

ご参考になれば幸いです!