[Kindle Unlimited]ニューズウィーク日本版が読み放題対象になるタイミングは?




サト
こんにちは! Kindle歴5年、Kindle Unlimited歴2年のサトです。

この記事では、Kindle Unlimited対象の『ニューズウィーク日本版』が読み放題対象になるタイミングをご紹介します。

 

基本的に1週遅れ

Kindle Unlimitedのニューズウィーク日本版がいつ読み放題対象になるか。

結論から言うと、基本的に1週遅れです。

毎週火曜日に最新号が出たタイミングで、その前の週に出たものが読めるようになります。

もっとかんたんに言うと、ニューズウィーク日本版のタイトルにある「○月○日号」の日付で、読み放題対象になります。

この「○月○日」というのが、実際の発売日(最新号として発売される日)よりも1週間先になっているからです。

例えば、8月7日号の発売日は7月31日。

なので、Kindle Unlimitedの対象になるのは7月31日の1週間後、8月7日ということになります。

そして、時間まではしっかりと決まっていないようです。

日付が変わってすぐに読み放題対象になることもありますし、数時間待たないといけないこともあります。

 

合併号の場合

次はちょっと応用で、合併号の場合をご紹介します。

応用と言っても、「最新号が出たタイミング」というのは変わりません。

たとえば、2018年8月14日号・8月21日号を例に見てみましょう。

これは8月7日に発売になりました。タイトルにある8月14日の1周間前ですね。

ところが、次の号が出るのは8月7日の2週間後、8月21日になります。合併号ですからね。

なので、2018年8月14日号・8月21日号が読み放題対象になるのは、8月21日ということになります。

合併号の場合は、2つ日付があるので、2つ目の日付に読み放題対象になると覚えておきましょう。

 

例外もある

それでも、2つ例外があります。

発売日がずれる場合

まずは、祝日などの関係で、最新号の発売が水曜日になるとき。

この場合、前週発売号が読み放題対象になるのも、水曜日ということになります。

火曜日になって(日付が変わって)けっこう時間が経っても読み放題対象が増えていない、という場合は、最新号が発売されているかどうか確認するといいでしょう。

 

そもそも読み放題対象外になる場合

それから、たまーに読み放題から外れる場合があります。

2016年12月20日号がそうでした。このときは待てど暮らせど読み放題対象にならず、Dマガジンか何かで読んだ記憶があります。

[Kindle Unlimited]ニューズウィーク日本版が読み放題対象外に? カスタマーサービスに問い合わせた結果

2018.07.03

 

まとめ

この記事では、Kindle Unlimited対象の『ニューズウィーク日本版』が読み放題対象になるタイミングをご紹介しました。

ご参考になれば幸いです!

なお、Kindle UnlimitedからPrime Readingへの乗り換えを検討されている方向けに、こんな↓記事も書いてみました。よろしければどうぞ。

[比較]Prime ReadingとKindle Unlimitedの違いは? 読み放題歴2年のわたしが解説

2018.04.07