MENU
カテゴリー
一時帰国におすすめのSIM情報はこちら!(タップで表示)

海外旅行・海外出張のeSIMはどうする? 3つの選択肢とおすすめを紹介

サト

昔、ちょくちょく海外旅行や海外出張していたサトです。

海外で使えるSIMの選択肢は、以前に比べるとめちゃくちゃ増えました。

この記事では、海外旅行・海外出張に使えるeSIMの選択肢を3つ提示し、おすすめを紹介します。

結論から言うと、選択肢は次の3つです。

中でもおすすめは、3つ目の「格安SIMを使う」こと。

おすすめの格安SIMベスト3は、次のとおりです。

海外旅行・海外出張におすすめの格安SIMベスト3
  1. ahamo|月20GBまで追加料金なし!
  2. 楽天モバイル|月2GBまで無料!
  3. UQモバイル|490円/日〜で海外でデータ通信!

詳しくは、続きをお読みください。

当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事を書いた人

サトと申します。

学生時代はインドネシアに留学。
2011年には運だけでインドネシアに日本語学校を設立しました。

10回以上の一時帰国を経て、日本滞在中に使うスマホのSIMを探すのが趣味になっています。あとeSIMの研究も大好物です。

よろしくお願いいたします!

タップできる目次 Table of Contents

海外旅行・海外出張時のSIMをどうする? 3つの選択肢

まず、海外旅行・海外出張に使えるSIMは、大きく次の3つあります。

3つの選択肢を、コスパと利便性で整理したのが次の図です。

それぞれの選択肢について、メリット・デメリットを解説します。

現地のeSIMを調達する|安いが利便性はイマイチ

まず、現地のeSIMを調達する方法。

料金が安いのはいいのですが、申込がかなり煩雑になることが予想されるため、おすすめできません。

たとえば、インドネシアの「smartfren」というオペレーターはeSIMを提供しています。

サト

ただ、オンラインで契約するには、インドネシアの身分証明書が必要です。

店舗に行ってパスポートを見せれば契約できるのでしょうが、eSIMの「オンラインで契約できる」メリットが台無しです……。

現地でのSIM調達は、とにかく安さを重視したい場合には検討の余地があります。

プリペイドのeSIMを買う|便利だが高い

次に、プリペイドのeSIMを買う方法です。

オンラインで調達できる上、SIMを挿し替えたり管理したりする手間がかかりません

サト

ただ、安くはないのでご注意を。

2社のプリペイドeSIMの料金を、ahamo(あとで詳しく紹介します)と比べました。

渡航先がアメリカの場合は、次のとおり。

TRAVeSIM
(プリペイドeSIM)
Nomad SIM
(プリペイドeSIM)
ahamo
ギガ数6GB2GB〜10GB20GB
料金3,980円2,400円〜7,800円2,970円
料金/GB663円780円〜1,200円149円
期間15日間30日間1か月
アメリカの場合

1GB当たりの料金を見ると、ahamoの安さが際立っています。

アメリカを選んだ理由は、旅行先として人気が高い※ことです。
クロス・マーケティング社「今夏の海外旅行に関する調査(2023年)」による

また、中国についても調べました。

TRAVeSIM
(プリペイドeSIM)
Nomad SIM
(プリペイドeSIM)
ahamo
ギガ数6GB1GB〜10GB20GB
料金1,980円1,200円〜5,800円2,970円
料金/GB330円580円〜1,200円149円
期間8日間30日間1か月
中国の場合

アメリカの場合ほど差はありませんが、やはりahamoがお得ですね。

中国を選んだのは、中国に進出している日系企業が最多で※、出張で訪れるケースが多そうなためです。
外務省「海外進出日系企業拠点数調査」による

さらにahamoの20GBは、日本でも海外でも使えるので、無駄にならないメリットもあります。

サト

プリペイドeSIMで余った分は捨てることになるので、ありがたいですね。

プリペイドeSIMは、便利さをお金で買ってもいい場合に検討の余地があります。

格安SIMを使う|コスパも利便性も最強

最後に、ahamoをはじめとする格安SIMです。

コスパが高いのは先ほどの比較結果のとおり。

また、eSIMの場合は申込やSIMの切り替え操作が必要ですが、格安SIMならその手間もまったくかかりません

サト

コスパも利便性も最強です!

では次に、おすすめの格安SIMベスト3を紹介します。

海外旅行・海外出張におすすめの格安SIMベスト3

冒頭にも書いたとおり、海外旅行や海外出張におすすめの格安SIMベスト3は、次のとおりでした。

海外旅行・海外出張におすすめの格安SIMベスト3
  1. ahamo|月20GBまで追加料金なし!
  2. 楽天モバイル|月2GBまで無料!
  3. UQモバイル|490円/日〜で海外でデータ通信!

3社を比較した結果は、次の表のとおり。

第1位

ahamo
第2位

楽天モバイル
第3位

UQモバイル
初期費用0円0円3,850円
解約手数料0円0円0円
20GBの料金/月2,970円2,178円3,278円
データ通信料
@海外
0円
(月20GBまで ※1)
0円
(月2GBまで ※2)
490円/日〜 ※3
制限後の速度1Mbps128kbps128kbps
ギガ追加購入の料金550円/1GB500円/1GB220円/100MB
550円/500MB
使える国80か国以上60か国以上150か国以上
注意点海外で15日以上連続で利用すると速度制限(128kbps)がかかる使える国が少ない事前に予約しないと高くなる
おすすめ度
公式サイトUQモバイル

※1 20GB/月のプランの場合、国内+海外の合計が月20GBです。
  ahamoは100GB/月のプランもあり、こちらも海外で使えるのは20GBまでです。
※2 国内のギガ数とは別に2GBを無料で使えます。
※3 契約しているギガ数を海外で使うための追加料金です。
  たとえば20GB/月のプランを契約している場合、国内+海外の合計が20GBになります。

やはりベスト3の中でも、ahamoの安さが際立っていますね。

速度制限中も1Mbpsで通信できるのもahamoだけです!

1社ずつ、詳しく見ていきましょう。

ahamo|月20GBまで追加料金なし!

先ほどから書いているとおり、ダントツでおすすめしたいのがahamoです。

メリット・デメリットは次のとおり。

メリット
デメリット
  • 追加料金なしで月20GBまで海外で使える
  • ギガ数を使い切ってもまあまあ高速(1Mbps)で通信できる
  • 80か国以上で使える(日本人の渡航先の95%をカバー)
  • 15日以上、連続で海外で利用すると128kbpsの速度制限がかかる

追加料金がいらないのに、月20GBまで海外で使えるなんて、良心的すぎます。

サト

ふつうはこういうところでお金を取るものなんですけどね……。

さらに20GBを使い切っても、1Mbpsでの通信は可能。制限がかかっても、スマホでけっこう快適に動画を見られるレベルです。

なお、「月20GB」はプランによって次の違いがあります。

  • 20GB/月のプラン: 国内+海外の合計が20GB
  • 100GB/月のプラン: 海外で使えるのは最大20GB

一方、海外出張が15日以上になる場合はご注意ください。この場合、128kbpsの速度制限がかかり、日本に帰るまで解除できないので……。

ahamo公式サイトには、次のとおり書いてあります。

海外で最初にデータ通信を利用した日(日本時間)を起算日として15日経過後の日本時間0時以降に、海外では通信速度が送受信最大128kbpsとなります。本速度制限は、利用可能データ量を追加購入しても日本に帰国しデータ通信を行うまで解除されませんのでご注意ください。

ahamo公式サイトより引用しました。

と言っても、128kbpsはLINEでの通話やメッセージのやり取りならできるレベル。

それに、楽天モバイルやUQモバイルも制限がかかると128kbpsになります。

サト

なので、ahamoで15日を超える海外出張も乗り切れるかもしれません。

ahamoのeSIMについてまとめた記事はこちら。

ahamo公式サイトには、次のボタンからアクセスできます。

楽天モバイル|月2GBまで無料!

次は楽天モバイルです。

メリット・デメリットは次のとおり。

メリット
デメリット
  • 海外で月2GBまで無料で使える
  • ギガ追加の料金も安い
  • 使える国が少ない

楽天モバイルは、追加料金なしで、海外で月2GBまで無料で使えるんです!

また、追加でギガを買う場合も1GB500円とかなりお値打ち。

一方、使える国が60か国程度と少なめな点にはご注意ください。

楽天モバイルが使える国は、同社の公式サイトで確認できます。

楽天モバイルのeSIMについてまとめた記事はこちら。

楽天モバイル公式サイトには、次のボタンからアクセスできます。

\ ネットも電話も使い放題! /

UQモバイル|490円/日〜で海外でデータ通信!

最後はUQモバイルです。

UQモバイルのメリット・デメリットは、次のとおり。

メリット
デメリット
  • 追加料金490円/日〜で日本用のギガを海外でも使える
  • 150か国以上で使える
  • 事前に申し込まないと追加料金が高くなる
  • ギガ追加の料金が高い

UQモバイルは、1日490円(国によっては690円)を追加することで、日本用のギガを海外でも使えるようになります。

しかも、150か国以上で使えるんですよ!

ただ、ahamo楽天モバイルも追加料金なしで海外で使えるので、乗り換えるなら2社のどちらかを選んだほうがいいでしょう。

すでにUQモバイルを使っていれば、そのまま追加料金を払って使うのもひとつの手です。

一方、事前に申し込まないと、追加料金が1日980円(全世界共通)になる点には注意が必要です。

事前の申込(予約)は「世界データ定額」というアプリでかんたんにできます。

世界データ定額

世界データ定額

KDDI CORPORATION無料posted withアプリーチ

よくある質問

海外旅行・海外出張におすすめのeSIMについてよくある質問をまとめました。

海外のSIMを持っている場合、入れ替えるタイミングはいつがいいの?

わたしが以前、日本から海外に行く際は、飛行機の中でSIMの入れ替えを行っていました。
飛行機に乗り、スマホの電源を切った後です。
ただ、小さいSIMをなくさないようにするのは大変でした。
海外でもahamoなどを使うことで、SIMの入れ替えは不要になります。

海外のSIMカードを日本で買うことはできるの?

Amazon楽天などで買えますし、eSIM対応のスマホをお持ちなら、TRAVeSIMNomad SIMを使う手もあります。ただし、おすすめはahamoなどの格安SIMです。

まとめ

この記事では、海外旅行・海外出張に使えるeSIMの選択肢を3つ提示し、おすすめを紹介しました。

選択肢は次の3つでしたね。

中でもおすすめは、3つ目の「日本の格安SIMを使う」ことで、ベスト3は次のとおりでした。

第1位

ahamo
第2位

楽天モバイル
第3位

UQモバイル
初期費用0円0円3,850円
解約手数料0円0円0円
20GBの料金/月2,970円2,178円3,278円
データ通信料
@海外
0円
(月20GBまで ※1)
0円
(月2GBまで ※2)
490円/日〜 ※3
制限後の速度1Mbps128kbps128kbps
ギガ追加購入の料金550円/1GB500円/1GB220円/100MB
550円/500MB
使える国80か国以上60か国以上150か国以上
注意点海外で15日以上連続で利用すると速度制限(128kbps)がかかる使える国が少ない事前に予約しないと高くなる
おすすめ度
公式サイトUQモバイル
サト

この記事で、海外旅行や海外出張の準備が少しでも楽になりますように!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次 Table of Contents