MENU
一時帰国にオススメのSIM情報はこちら!(タップで表示)

[一時帰国] 携帯の電波障害に格安で備える2つの方法

サト
こんにちは? 一時帰国中は楽天モバイルにお世話になっているサトです。

2021年9月には楽天モバイル、同10月にはドコモの電波障害がありました。

さらに2022年7月にはauも。

電波障害はそうそう起きることではないのですが、備えられるなら備えておきたいですよね。

しかも、できるだけお金をかけずに。

この記事では、一時帰国中の電波障害に格安で備える方法を2つご紹介します。

タップ/クリックできる目次

2つの方法

まず、一時帰国中の電波障害に備える方法として、次の2つをご提案したいと思います。

電波障害に備える方法

  1. 2社のSIMに契約する
  2. 1社のSIMと契約し、有料の公衆Wi-Fiを利用する

①も②も、メインのSIMの他にも通信手段を確保しておくということですね。

とは言え、維持費が高くなってしまうと、つらいものがあります。

でも、次の組み合わせにすれば、維持費をかなり安く抑えることができるんですよ。

オススメの組み合わせ

  1. HISモバイル+povo2.0
  2. HISモバイル+ギガぞうWi-Fi

では、①から詳しく見ていきましょう。

HISモバイル+povo2.0

まずは、HISモバイルとpovo2.0の組み合わせです。

HISモバイルは維持費が290円/月ですし、povo2.0は半年220円で番号をキープできます。

またHISモバイルはドコモの、povo2.0はauの電波です。

最強の組み合わせと言えるでしょう。


HISモバイル+ギガぞうWi-Fi

次にオススメなのが、HISモバイルとギガぞうWi-Fiの組み合わせです。

「ギガぞうWi-Fi」は、全国10万以上のスポットで、安全なWi-Fiを格安で使えるサービスなんですよ。

例えば、次の画像のようなお店で使うことができます。

しかも、無料のWi-Fiと違って、セキュリティ対策もバッチリ。

こんな素晴らしいWi-Fiが、なんと月額200円(税込)〜で使い放題なんです!

サト
一時帰国の間、保険として使うのにはピッタリですね。

詳しくは、次のボタンから「ギガぞう公式サイト」にアクセスしてご確認ください。

povo2.0+ギガぞうWi-Fiではない理由

ちなみに、povo2.0ではなくHISモバイルをオススメしているのには、次の理由があります。

  • HISモバイルは海外でSMS認証をクリアできる
  • HISモバイルは長期間使わなくても利用停止にならない

逆に言うと、povo2.0は海外ではSMSが受信できず、また長期間(180日間)使わない場合は利用停止になる可能性があるんです。

なので、すこーしお金はかかりますが、HISモバイルのほうがオススメです。

まとめ

この記事では、一時帰国中の電波障害に格安で備える方法を2つご紹介しました。

まとめると、次のとおりでしたね。

電波障害に備える方法

  1. HISモバイルとpovo2.0を併用する
  2. HISモバイルとギガぞうWi-Fiを併用する

ご参考になれば幸いです!

なお、HISモバイルについては、次の記事で詳しくまとめていますので、よろしければどうぞ。

あわせて読みたい
[一時帰国用SIM] HISモバイルのメリット・デメリット〜実際に使って感じたこと 以前よりも海外と日本の行き来がしやすくなり、一時帰国をご検討中かもしれませんね。 または、海外赴任や留学が決まり、一時帰国のことを考えていらっしゃるかもしれま...

また、一時帰国用のSIMを比較した記事も書いています。

あわせて読みたい
[一時帰国] 格安SIM比較〜オススメは? 17社を徹底比較〜HISモバイル、楽天モバイルなど 一時帰国するときに、携帯のSIMをどうするかというのはちょっと頭が痛い問題ですよね。 わたし自身はHISモバイルなど、3社を併用しているのですが、他社も魅力的なサー...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップ/クリックできる目次