[検証] OVO⇔GO-Payへのチャージってできるの?




サト
こんにちは! インドネシア語学習歴21年、インドネシア滞在歴9年のサトです。

この記事では、OVOからGo-Payに、また逆にGo-PayからOVOにチャージしてみた結果をシェアします。

 

そもそもチャージできるの?

OVOからGo-Pay、Go-PayからOVOへのチャージなんて、そもそもできるの?

……という声が聞こえてきそうですね。

理屈上はできます。

というのも、OVOもGo-Payも、次のような特徴があるからです。

OVOとGo-Payの特徴
  1. 銀行口座への振込が可能*
  2. 振込でのチャージが可能

*銀行口座に振り込む場合は、事前にアカウントの認証を済ませておく必要があります。

 

そんなわけで、試してみました。

 

OVOからGo-Pay

まずは、OVOからGo-Payへのチャージ。

こちらはまったく問題なく、大成功!

 

ただし、この方法でチャージするには、手数料として3,000ルピアかかってしまいます。

この手数料は、OVOから銀行口座への振込手数料です。

一方、Go-Payのチャージ手数料は1,000〜2,000ルピアというのが相場。

今後OVOを使わず、Go-Payに一本化するような場合ぐらいしか、使いみちはなさそうです。

サト
以前は、OVOから銀行口座への振込手数料は無料だったので、OVOからGo-Payのチャージも無料でできたんですけどね……。

 

Go-PayからOVO

OVOでの感動をもう一度、というわけで、Go-PayからOVOへのチャージも試してみました。

 

Go-Pay側の手続きは、3月6日に完了したことになっているのですが……。

Ovo gopay charge 01

 

OVOの残高は待てど暮らせど増えません。

Ovo gopay charge 02

ちなみに、この方法だと2,500ルピアの手数料が取られます。

さきほどの写真では、12,500ルピア引かれていますが、実際に振り込んだのは10,000ルピア。

10,000ルピア、どこ行ったんやろ……。

振込がうまくいかなかったら10,000ルピアは戻ってくるやろうと思っていたのですが、予想の上をいかれてしまいました。

サト
1,000ルピアぐらいで試せばよかった……。

 

OVOはもう使わない、Go-Payに一本化したいという場合は、次の手順を踏んだほうが安全です。

  1. 先に銀行口座(OVOの振込先以外)に振込
  2. ①の銀行口座からOVOチャージ

OVOを手数料無料でチャージする方法はかなり多いですし。

[インドネシア] 電子マネー「OVO」を手数料無料でチャージする方法

2018年7月27日

 

まとめ

この記事では、OVOからGo-Payに、また逆にGo-PayからOVOにチャージしてみた結果をシェアしました。

話のネタにでもしていただければ幸いです!