日本語能力試験(JLPT)N3対策にオススメの問題集/学習法は?

mohamed HassanによるPixabayからの画像
サト
こんにちは! インドネシアで日本語教師をしているサトです。

日本語能力試験のN3って、どんな問題が出るのかイマイチ分からない。

問題集の内容も、出版社によってまちまちだし……。

そんな悩みを抱えていませんか。

この記事では、N3対策にオススメの問題集や学習法をご紹介します。

 

N3対策にオススメの問題集

では、さっそく問題集を2点ご紹介します。

オススメの問題集
  1. 『日本語能力試験 20日で合格 N3 文字・語彙・文法』
  2. 『日本語能力試験 公式問題集』

1点ずつ、見ていきましょう。

①『日本語能力試験20日で合格 N3 文字・語彙・文法』

まず、国書刊行会が出している『日本語能力試験 20日で合格 N3 文字・語彙・文法』(国書刊行会著)です。

この本をオススメするのは、同書に次の通り書いてあるからなんです(太字はサトによる)。

 

この問題集では、実際の試験問題をもとに作成した、いろいろな問題を収録しています。

(『日本語能力試験 20日で合格 N3 文字・語彙・文法』より引用)

 

「実際の試験問題」がどのレベルなのかは分からないのですが、わたしは書店でこの言葉に負けて(?)即買ってしまいました。

実際、この本を見た学生も「N3本番で出た問題がある」と言っていましたし。

サト
信頼して使ってもいいのではないかと思います。

 

②『日本語能力試験 公式問題集』

2点目は、言うまでもなく『日本語能力試験 公式問題集』です。

「公式」だし、無料でダウンロードできるし、使わない手はありません。

現在、レベルごとに2種類ずつ問題があります。

一応リンクを貼っておきますね。

日本語能力試験 公式問題集

 

「多読」もすれば鬼に金棒!?

問題集数冊だと、練習量が足りないのでは……。

……と思われたかもしれませんね。

 

もし心配であれば、「多読」を取り入れるという手もあります。

「多読」は試験対策にも有効です。

NPO多言語多読の理事長である粟野先生もおっしゃっていたので、間違いありません。

粟野先生のお話では、次のような方法で学生さんがN1やN2に合格されたそうです。

  • メインは多読
  • 試験前に模試を数回実施

 

わたしの職場でも多読を取り入れてみたものの、量が足りなかったのか、残念ながら合格者は出ませんでしたが……。

コロナが落ち着いて、また試験が実施されるようになったら、多読を取り入れるのは間違いありません。

また、わたし自身、英語の多読をしています。

そして、たまにTOEICのような選択式の問題を解くのですが、ぱっと正解を選べることがあるんですよ。

サト
「あの小説のあの場面で出てきた単語や! 」とか思いつつ。

「多読」について詳しくは、次の記事をお読みくださいね。

セミナー「日本語教師のための『多読』」に参加した感想

 

まとめ

この記事では、N3対策にオススメの問題集を2点ご紹介しました。

ご参考になれば幸いです!

カテゴリー/Categories

アーカイブ/Archives