[インドネシア] Go-Jekで天丼もスタバのコーヒーも注文できる!




サト
こんにちは! インドネシア語学習歴21年、インドネシア滞在歴9年のサトです。

この記事では、インドネシアのオンラインタクシーアプリ、Go-Jekを使って、出前を頼んでみた感想をシェアします。

 

Go-Foodというサービス

Go-Jekは基本的にオンラインタクシー(車/バイク)を手配するアプリなのですが、中にいろいろなメニューがあります。

今回使ったのは、そのうちの「Go-Food」というもの。

こんな手順で利用します。

Go-Foodの利用手順
  1. 利用者がGo-Foodに載っているレストランやカフェに注文を出す
  2. レストランなどの近くにいるバイクタクシーの運転手(?)に注文が入る
  3. 運転手が注文の品を買って、指定の場所まで届けてくれる
  4. 注文の品を受け取り、支払う

ちなみに、レストランの名前や、料理の名前などで検索ができて、ものすごく便利。

また、バイクタクシーが注文を受けた、注文の品を買って店を出た、などの情報も逐一入ります。

 

GPSでバイクタクシーの位置を確認することも可能。ちょっと分かりづらいですが、下の地図の、緑色の丸印が運転手の位置です。

まあ、このGPSはだいぶアバウトなようですが……

Go food 001
サト
あ! 支払いは、先にクレジットを買っておけば、そこから差し引いてくれます。キャッシュレスでめっちゃ快適。

 

今まで数々の料理を注文してきましたが、今回は日本でもおなじみの店に注文したものをご紹介します。

 

【1】天丼

まずは、天丼。

「Marugame Udon」に注文してみました。丸亀製麺がインドネシアに進出すると、この名前になります。

うどん屋に天丼注文したんか?

…とお叱りを受けそうですが、うどんは、のびると嫌なので……。それに、うどんの麺は自宅にある自動製麺機で作れたりしますし。

ちなみに、Marugame Udonはうどんだけでなく、天ぷらも売りにしているので、天丼もあるんです。

 

こんなビニール袋に入ってきました。

黒い四角の中に「MARUGAME UDON」と書いてあるんですが、隠れてしまって最後の「ON」しか見えませんね…すみません。

Go food 02

 

 

開けると、こんな感じ。

Go food 03

 

 

広げてみました。左上の丸いのにはご飯が、下の箱2つには天ぷらが入っています。

左下の細長い箱には天丼用の天ぷらが、右下の「MARUGAME UDON」と書いてある箱には、ついでに注文した天ぷら(単品)があります。

Go food 04

 

 

サト
出前をする前提で、パッケージを準備しているあたり、素晴らしいですね。

 

丸いのから開けてみました。2段構造です。

Go food 07

 

 

並べてみました。

Go food 08

 

 

こちら、単品の天ぷら。後日いただきました。

Go food 05

 

 

こちらが天丼用の天ぷらです。

Go food 06

 

 

完成図。正直、見た目はイマイチです……。味の方は、かなりいけます!

Go food 10

 

 

ちなみに、スプーンとフォークも付いてました。

Go food 09

 

 

ついでに、こんなものまで、七味のノリでしょうか……。

Go food 11

 

 

【2】スタバのコーヒー

Go-Foodでは、食べ物だけでなく、飲み物も注文することができます。

スタバのコーヒーを頼んでみました。日本人のお客さんが2人も来てくれていたので、3杯。

Go food 12

 

 

開けると、こんな感じ。白いはずのフタが、すでに汚い感じに……。

Go food 14

 

 

コーヒーを取り出してみると、やっぱりこぼれてました。ただ、コーヒーが倒れないように、台のようなものを入れてくれています。

Go food 15

 

 

取り出したコーヒー。

Go food 16

 

 

フタを開けると、なみなみとコーヒーが入っていました。もう少し、大きい紙コップを使ってくれへんかな……。今後に期待です!

Go food 17

 

 

まとめ

 

今回は、Go-JekのGo-Foodというサービスを使って、出前を頼んでみた感想をシェアしました。わたしは普段はほぼ自炊なのですが、職場などではこのGo-Foodにかなりお世話になっています。

ご参考になれば幸いです!

[インドネシア] Go-Jekはインドネシア生活に不可欠の神アプリ!

2018年5月26日