[インドネシア生活必需品] 日本で買ったほうがいい消耗品は?




サト
こんにちは! インドネシア語学習歴21年、インドネシア滞在歴9年のサトです。

今回は、わたしが一時帰国のときに必ず買う「消耗品」をご紹介します。

 

1.歯ブラシ

まずは、歯ブラシです。インドネシアでも歯ブラシぐらいは手頃な値段で手に入ります。

Expendables 01

一見普通の歯ブラシですが……実は、ヘッドが大きすぎるんです。ご覧ください。

Expendables 02

3cm近くもあるんです!

なんか、「おおざっぱにしか磨けない感」が漂いまくりです。日本でお世話になっている歯医者さんも、ヘッドは小さいほうがいいと言っていますしね。

なので、歯ブラシは日本に帰ったときに、まとめて買っています。

おすすめはこちら。ヘッドも小さいし、ブラシの毛もほっそいのを使っているとのことです。

Expendables 003

インドネシアの歯ブラシと並べると、コンパクトさが際立ちます。

Expendables 04
サト
おかげさまで、一時帰国のときに歯医者に行って定期検診を受けても、「きれいに手入れしてますね! 」と言われてすぐ帰ることがほとんどです。

わたしはいつもアマゾンで買っています。12本セットなので、1か月に1本として、1年分ですね。ちなみに、1本あたり100円しないぐらいです。

 

 

2.食品用ラップ

次に、食品用ラップです。インドネシアにも食品用ラップはもちろんあるのですが、割高な上、お世辞にも質がいいとはいえないシロモノ。

Expendables 05

こちら、30cm x 36mで24,000ルピア(200円弱)でした。通常は30mですが、20%増量キャンペーンのときに購入したものです。

とにかく薄すぎて、切りにくいんですよね。思い通りに切れたことなんて、ほぼありません。まあ、昔は日本のラップもこんな感じでしたが。

 

その点、クレラップの扱いやすさには感動すら覚えます。思い通りに切れないことなんて、ほぼありませんよね。こんなに切れやすさを追求したラップは、世界中見渡してもあんまりないんじゃないでしょうか(妄想)。

Expendables 06

インドネシアのと同じく、幅は30cmですが、長さは50mです。

 

これ、わたしの実家の近くだと300円(特価)ぐらいで買えることもあります。インドネシアのものは36mで200円弱。これも20%増量なので、特価と言っていいでしょう。

1mあたりの値段は……

インドネシアのラップ クレラップ
値段(円) 200 300
長さ(m) 36 50
1mあたりの値段(円) 5.6 6.0

 1mあたりの値段は、ほぼ変わりません! クレラップのほうが絶対に切りやすいし、クオリティを考えたら破格と言ってもいいでしょう。

 

というわけで、食品用ラップは絶対に日本のものがオススメです。スーパーで買うほうが安いですが、時間がないとか、めんどくさいという方はネットでどうぞ。

 

 

 

3.コーヒーフィルター

最後に、コーヒーフィルターです。コーヒー飲まない方はスルーでお願いします……。

歯ブラシやラップと違い、コーヒーフィルターはそのへんのスーパーでは手に入りません。手に入っても、100枚500円なんて値段もザラ。

なので、わたしはいつも日本に帰ったときにダイソーで買っています。こちら、90枚で108円です。

Expendables 007

ちなみにインドネシアで有名なインターネットショッピングサイトを見てみると……。

Expendables 08

は、「はじめまして」ではないですよね。思いっきりダイソーのやつです。

ジャカルタなどの大都市だとダイソーが進出しているので、それを買って、もうけを上乗せして売っているわけですね。インドネシアのダイソーは1点200円ぐらいですが、このショッピングサイトだと80円ぐらい上乗せしていることになります。

それでも、この☆の多いこと! これはもちろん5段階評価の☆で、カッコの数字はレビューの数です。みんなこの上乗せのある値段に、送料まで払って、大満足なわけです。いかに他のコーヒーフィルターが高いか、お分かりいただけるかと思います。

サト
ちなみにわたしの町にはダイソーはありません。住んでる日本人も、たぶん3人ぐらい……。

 

ダイソーに行くのが面倒という方、アマゾンだとこれが最安かと。

 

まとめ

というわけで、わたしがいつも日本で買っている消耗品をご紹介しました。ジャカルタなどの大都市だと、どれも手に入りますが、当然値段も高くなります。

3点ともそんなに重くないし、かさばるものではないので、ゼヒ日本で買うことをオススメします!