バッグインバッグならリヒトラブがオススメ! 横長も縦長も使ってみた感想




サト
こんにちは! インドネシア語学習歴21年、インドネシア滞在歴9年のサトです。

今回は、リヒトラブという会社のバッグインバッグをご紹介します。横長タイプも縦長タイプも使ってみましたが、かなり気に入っております。

なぜバッグインバッグ?

まずは、なぜバッグインバッグ使うのか、というところをご説明します。

それは、「使いたいものがすぐ取り出せるから」。

この1点につきます。

たしかに、バッグインバッグの分だけ、カバンは重くなります。ですが、たとえば今回ご紹介するものは実測で260グラム(横長)〜270グラム(縦長)と、文庫本2冊程度の重さ。

それだけで使いたいものがすぐに取り出せるので、メリットがデメリットを大幅に上回っています。

ちなみに、わたしの部屋は放送禁止になるぐらい散らかっているのですが、カバンの中だけは整然としています。それもバッグインバッグのおかげです!

 

外観 

バッグインバッグの外観を見ていきましょう。

 

縦長タイプ

こちらは今愛用している縦長タイプ。若干変形していますが、気にせずいきましょう。

Bag in bag 001 Bag in bag 002

ポケットは、全部で6つ。

  1. ポケット(小、というより細?)

  2. ポケット(中)
  3. ポケット(大)
  4. メッシュポケット
  5. ポケット(特大)
  6. ポケット(超特大)

 

中には、こんな仕切りがあります。

Bag in bag 03

 

そして、安心のダブルファスナー。

Bag in bag 04

おまけに、Dカンがついていて、別売りのストラップをつければ、これだけでバッグになるという仕組み。この場合、もはやバッグインバッグではなくなるわけですね。

Bag in bag 05

 

 

横長タイプ

こちらは、今は使っていない横長タイプ。

基本的な作りは縦長タイプと同じです。ポケットの数も6つ。

Bag in bag 06
Bag in bag 07

 

もちろん中の仕切り、ダブルファスナー、Dカンもあります。

Bag in bag 08
Bag in bag 09 Bag in bag 10

縦長、横長ともにポケットが多く、整理がしやすいことをご理解いただけるのではないかと思います。

 

中にモノを入れた状態

では、次に、中にモノを入れた状態のバッグインバッグをご覧ください。

 

縦長タイプ

まずは縦長タイプの表→裏。

Bag in bag 11 Bag in bag 12

表も裏も、ボッコボコです。が、わたしのカバンに入れる分には全く問題ありません。

 

横長タイプ

こちらは横長。今は使っていないのですが、同じモノを入れてみました。

Bag in bag 13 Bag in bag 14

 

Mac Book AirもiPadも入る!

実際にわたしがバッグインバッグに入れているモノを並べてみました。こんだけ入ってたんや、と、自分でもビックリです。

 Bag in bag 15

 

書き出してみますね。

 

パソコンなど

1.Mac Book Air (11インチ)

2.iPad Air (10インチ)

3.Bluetoothスピーカー+充電ケーブル

4.外付けハードディスク+ケーブル

 

iPhone/iPad関係

5.Lightningケーブル

6.Macをプロジェクターに接続するアダプター(名前知らん)

7.iPhone/iPadをプロジェクターに接続するアダプター(名前知らん)

8.モバイルバッテリー

 

筆記用具

9.シャーペン

10.赤ボールペン

11.赤ボールペン替芯

12.ホワイトボードマーカー(3本、1本は予備)

 

その他

13.折りたたみ傘

14.箸

15.ティッシュ

 

サト
なんだか非常袋の説明をしているような気分になってきましたが……。

そんなことより、そうなんです。このバッグインバッグ、Mac Book Air(11インチ)も入ってしまうんです! 

しかも中に1枚仕切りがあるので、iPadも収納可。これはかなり便利です。

こちら、縦長。

Bag in bag 16

 

横長のほうは、さらにゆとりがある感じです。

Bag in bag 17

 

また、わたしが使っているカバン(リュック)は、PC用のコンパートメントがあるのですが、バンドをした状態でもガバガバでして……。

 Bag in bag 18

 

バッグインバッグに入れると、スキマなく、安心感があります。

 Bag in bag 19

 

 

いい点と悪い点

では、このバッグインバッグのいい点と、悪い点をご紹介します。

値段がお手頃!

まず、値段がお手頃である点。Amazonなら、縦長、横長ともに、1,500円以下です。

中には5,000円近くもするバッグインバッグもあり、

サト
これ、ふつうのカバンもう一つ買えるレベルでは……

なんて思ってしまいますが、リヒトラブのバッグインバッグはそんなことで悩むことなく買えました。

2.モノがカバンの下にたまらない!

わたしが今使っているのは縦長タイプなのですが、バッグインバッグの上の方にあるポケットの威力をひしひしと感じております。

Bag in bag 20

このポケットのおかげで、カバンの下にモノがたまることなく、欲しいものがサッと取り出せるからです。

Bag in bag 21

 

悪い点

全体的に満足しているのですが、横長タイプについては1つ言いたいことがあります。

メッシュポケットが横に長過ぎて、中に入れているものがあちこち移動してしまうんですよね……。

Bag in bag 22

 

1つか2つ、仕切りがあればいいんですけど。

大きいポケットは裏面に1つあるので、個人的にはそれだけで十分です。

 

Amazonの送料を無料にする方法

Amazonだと2,000円以上の買い物で送料が無料になりますが、ほしいものの値段が安すぎて、送料がかかってしまうこともありますよね。

そんなときは、Amazonプライムの無料体験をお試しください。無条件で送料無料になります!

Amazonプライムを無料で体験してみる

無料で体験できるのは30日間ですが、解約しても、ペナルティはありません

が、送料が無料になるだけでなく、追加料金無しでビデオや音楽、電子書籍が楽しめたりするので、気に入ったらそのまま使うのもアリです。

なんせ、月額400円。1年分一括で払った日には、3,900円で済んでしまいますので!

Amazonプライムの電子書籍読み放題サービス、「Prime Reading」については、こんな↓記事を書いています。

[比較] Prime ReadingとKindle Unlimitedの違いは? 読み放題歴2年のわたしが解説

まとめ

今回は、リヒトラブという会社のバッグインバッグをご紹介しました。

文庫本2冊分重くなるだけで、使いたいものがサッと取り出せる。この快適さ、ぜひ味わってみてください! 




カテゴリー/Categories

アーカイブ/Archives