[吉野家はなまるうどん@マレーシア] うどんがアレに入ってて驚愕した件




サト
こんにちは! インドネシア語学習歴21年、日本語教師歴9年のサトです。

わたしはマレーシアをちょくちょく訪れているんですが、何回か「吉野家はなまるうどん」という店に行ったことがあります。
今回は、その感想をシェアします。
 

 Yoshinoya hanamaru 01

 

吉野家はなまるうどんとは

その名の通り、吉野家と、はなまるうどんが一つになった店です。パクリではありません!
日本のはなまるうどんって、吉野家ホールディングスの傘下だったそうで。知らんかった……。

マレーシア吉野家はなまるうどん(長いな……)公式サイトによると、現在12店舗を展開中。

Yoshinoya hanamaru 02

ちなみに日本にも7か所ほど、はなまるうどんと吉野家が合体?している店舗があるんだとか。その名も「吉野家xはなまる」! シンプルでよろしい。

 

店内の様子

マレーシア吉野家はなまるうどんの店内の様子はこんな感じです。日本の吉野家とは違って、広い店内にはテーブルがずらり。

Yoshinoya hanamaru 03

と言っても、写真では「ずらり」という感じがあまり伝わりませんよね。けっこう賑わっていたので、写真もとりづらかったんです……。

外はガラガラだったので、写真も撮り放題でした。

Yoshinoya hanamaru 06

中に戻りまして、こちらはお茶、箸、トッピングなどのコーナー。徹底的にセルフサービスです。

Yoshinoya hanamaru 04

 

紅しょうがはお馴染みですが、こんなに「漬かってる」感満載の紅しょうがは斬新。

Yoshinoya hanamaru 05

そして、紅しょうがの隣の白いのは普通のしょうがだと思われますが、試してません……すみません。

赤いのに抵抗がある人向けだとは思うのですが。

 

謎のリング

そんなわけで、カウンターで注文すると、こんな謎のリングを渡されました。

Yoshinoya hanamaru 07

 

サト
これを頼りに、店員さんが料理を持ってきてくれるのかなあ。

と思ったのですが、番号がこんなところにあって全く目立ちません。

Yoshinoya hanamaru 08

 

どうすんねんやろ、と思っていたところ……

いきなりリングがけたたましい音とともに光り始めたのです! 

Yoshinoya hanamaru 09

動画はこちら。 

 

サト
あ、これは取りにいかなあかんねんや。

 

とここでやっと気づきました。

 

よく考えると、箸やらお茶やらトッピングもそうですが、基本セルフサービスですしね。

 

日本の吉野家と違って、店が広いので、1人ではとてもじゃないけど、注文をさばききれない。かといって店員は増やしたくない。という問題をこれで解決しているようです。

 

客側としても、料理ができるまで立って待つ必要がなく、すぐに席につけるので、ありがたいと思いました。

なかなか面白いシステムです。

 

料理

そして、肝心の料理です。そんなに頻繁に行けるわけではないので、紹介できる料理も少ないのですが……。

 

1.温玉牛丼

こちら、温玉牛丼。

Yoshinoya hanamaru 10

 

日本だと生卵ですが、南国で生卵を食するのは勇気がいります。というか無理。なので温泉卵はありがたい。

味付けは、日本の吉野家そのまま。感動すら覚えました! まあ、わたしの舌では、あまり細かいところはわからないのですが。

 


2.温玉ぶっかけうどん

そして、こちらは温玉ぶっかけうどんです。

 

Yoshinoya hanamaru 11

 

おなじみの吉野家の丼にうどんが入ってるなんて……! 

ただし。見てください、この「つゆ」の色。

Yoshinoya hanamaru 12

ぶっかけにしては濃すぎますよね。

いざ食べてみると……。

サト
しょうゆ、だけか?

という感じの、濃厚な味わいでした。

あと、麺のほうも見た目カピカピだったのですが、食べてみるとやっぱりカピカピでした。

この店舗は首都のクアラルンプールではないのですが、クアラルンプールから車で1時間かからないぐらい距離。首都の近くやのに、品質管理、どうなってんねんやろ……。と思いましたが、全店これで行ってるんかな……。

ちなみに、わたしの住んでいるインドネシアの町には、「Marugame Udon」があるのですが、ぶっかけうどんは見た目も味もちゃんとぶっかけうどんです。首都ジャカルタから1,300kmも離れていることを考えると、ようやってるな、と思います。

 

3.あぶり鯖サーモンライス

最後に、あぶり鯖サーモンライス。

Yoshinoya hanamaru 13

 

メニュー上の名前は「Aburi Pot」のカテゴリーの「Salmon&Saba Kabayaki」。下にご飯があるものの、丼使ってないし、なんて表現したらいいのかわかりません。

そして、吉野家感も、はなまるうどん感もありません。

しかも。緑のリングの呼び出しを受けて、カウンターに取りに行った際、

「あぶりサーモンがないので、サーモンカツでもよろしいでしょうか。」

……と聞いてくる始末。今更断れない空気を感じ取り、受け入れるしかありませんでした。まあ、どっちでもよかったんですが。

そして、普通においしかったです!

 

おまけ

この吉野家はなまるうどんですが、プロモーションにも余念がありません。

たまたま旧正月が近いタイミングで行ったときには、お年玉のポチ袋みたいなものをもらいました。

Yoshinoya hanamaru 14

 

実はこれ、中の部分と外の部分に分かれていて……

Yoshinoya hanamaru 15

 

Yoshinoya hanamaru 16

 

 

中の部分はクーポンになっていました!

Yoshinoya hanamaru 17

 

いろいろ知恵を絞ってるんやなあ、と感心。

 

他にも何種類かありました。

 

こちら、うどんがビヨーンとなっています。

Yoshinoya hanamaru 18

うどんがのびてる、というのはイメージよくないけど、まだ分かる。

お、お前は……

Yoshinoya hanamaru 19

 

お前もビヨーンってなるんかい。

 

 

まとめ

そんなわけで、吉野家はなまるうどんのレポートでした。

お隣の国にあるので、そんなに頻繁には行けませんが、また機会があれば行ってみて、情報を追記したいと思います。

次は総本山的な首都・クアラルンプールの店舗に乗り込んでみようかな。それでも、ぶっかけうどんを注文する勇気はありませんが……。




カテゴリー/Categories

アーカイブ/Archives