MENU
カテゴリー
一時帰国におすすめのSIM情報はこちら!(タップで表示)

povo2.0のeSIM基本情報

サト

eSIMを3つ併用しているサトです。

この記事では、povo2.0のeSIMを、コスパ・手続・利便性の観点でまとめています。

povo2.0は使っていたことがありますが、解約してしまいました。

当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事を書いた人

サトと申します。

学生時代はインドネシアに留学。
2011年には運だけでインドネシアに日本語学校を設立しました。

10回以上の一時帰国を経て、日本滞在中に使うスマホのSIMを探すのが趣味になっています。あとeSIMの研究も大好物です。

よろしくお願いいたします!

タップできる目次 Table of Contents

povo2.0のeSIMのメリット・デメリット

povo2.0のeSIMのメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット
デメリット
  • 毎月の基本料金がゼロなので番号をキープしやすい
  • 必要に応じてギガを買うので柔軟に使える
  • 本人確認書類や支払方法が限られる
  • 長期間(180日間)課金がないと利用停止になる
  • ギガが安くはない

povo2.0は、次のケースにおすすめです。

povo2.0がおすすめのケース
  • 電波障害に備えたい
  • いざというときのために番号をキープしておきたい

詳しくは、続きをお読みください。

基本料金がゼロ!/

povo2.0のeSIMのコスパに関する情報

povo2.0のeSIMのコスパに関して、以下の情報を整理しています。

項目料金備考
契約事務手数料0円過去1年間に6回線以上新規契約の場合は3,850円/回線
eSIM発行手数料0円
解約手数料0円
プランと基本料金3GB:990円 20GB:2,700円/月など
ギガ追加の料金1GB:390円 3GB:990円など
国内通話料22円/30秒
電話かけ放題オプションの料金5分:550円・無制限:1,650円/月
スマホのセット販売なし
キャンペーン新規契約で1GB実質無料など
povo2.0のeSIMのコスパ

以下、それぞれの項目について補足していきます。

契約事務手数料

povo2.0は、基本的に契約事務手数料がゼロ。申し込みやすくなっています!

例外は、過去1年以内に6回線以上を申し込んだ場合です。この場合、1回線につき3,850円かかってしまいます。

サト

1人で1回線とか2回線とか使うだけなら、無料で申し込めるわけですね。

eSIM発行手数料

povo2.0はeSIM発行手数料も無料です。

再発行の場合の手数料は「当面」無料とのことで、本来は440円かかります。

サト

新規契約なら無料なので、ご安心ください。

解約手数料

povo2.0は、解約手数料もゼロです。

サト

契約も解約も無料なのは助かりますね!

プランと基本料金

povo2.0は基本料金がゼロで、ギガを先に買って(トッピングして)使っていくシステムです。

ギガのトッピングの詳細は、次のとおりです。

ギガ数料金有効期限
1GB390円7日間
3GB990円30日間
20GB2,700円30日間
60GB6,490円90日間
150GB12,980円180日間
(使い放題)330円1日
povo2.0のプラン

表のとおり、ギガによって有効期限も変わってくるので、買う前にしっかり確認しましょう。

たとえば20GBは30日間使えますが、1GBは7日間しか使えません。

サト

1GBを買って、まったく使わなくても、有効期限(7日間)を過ぎると0GBになってしまいます。

ギガ追加購入の料金

povo2.0は、買ったギガを使い切った場合、またトッピングを買うことになります。

料金は先ほどの「povo2.0のプラン」という表をご参照ください。

国内通話料

povo2.0の国内通話料は22円/30秒です。

サト

他社と比べても、高くもなく安くもない、標準的な通話料になっています。

電話かけ放題オプションの料金

povo2.0の電話かけ放題オプションは2種類あり、次のとおりです。

オプション名料金/月備考
5分かけ放題550円
時間無制限かけ放題1,650円完全な電話かけ放題
povo2.0のかけ放題オプション

電話をメインで使いたいなら検討してみてもいいでしょう。

スマホのセット販売

povo2.0では、スマホのセット販売は行っていません。

サト

povo2.0で下取りはしているので、こちらを売り始めることもあるかもしれません。

キャンペーン

povo2.0は、キャンペーンを積極的に行っています。

たとえば新規契約をすると、1GBがポイント還元で実質無料になるキャンペーンとかですね。

キャンペーンの条件や最新情報は、

povo2.0のeSIMの手続に関する情報

povo2.0のeSIMの手続に関して、次の情報をまとめています。

項目
申込方法Web
本人確認書類運転免許証・マイナカード・在留カード
開通手続オンラインで完結
解約方法Web
縛りなし
povo2.0の手続

申込方法

povo2.0は、Webでのみ申込ができます。

本人確認書類

povo2.0の申込に使える本人確認書類は、次の3点のみです。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード

他社と比べると、種類が少ない印象です……。

開通手続

povo2.0のeSIMは、オンラインで開通できます。

サト

eSIMならではの利点ですね!

解約方法

povo2.0の解約はWebでのみ手続ができます。

縛り

povo2.0は縛りがありません

サト

いつ解約しても、手数料はゼロです!

povo2.0のeSIMの利便性に関する情報

povo2.0のeSIMの利便性に関して、以下の情報を紹介します。

項目備考
回線品質自社回線
5G対応対応済
速度制限あり128kbps
支払方法クレカ
プラン切替随時可能
アプリあり残りギガ・料金確認などに対応
海外での利用ネット・通話・SMS可
povo2.0の利便性

順に見ていきましょう。

回線品質

povo2.0は自社回線(au)を使っています。

サト

このため、わたしが使っていたときも、ネットはいつでも高速でした!

他社回線を借りているサービス(HISモバイルやmineoなど)だと、平日昼間などはネットが遅くなりがちなんですよね……。

povo2.0なら、その点も安心です。

5G対応

povo2.0は5Gに対応しています

5Gに対応したスマホがあれば、5G対応エリアで超高速のネットが使えます。

速度制限

povo2.0は、ギガのトッピングがない場合、128kbpsの速度制限がかかります。

わたしもこの状態になったことがありますが、サイトを見るのにもかなり時間がかかってストレスでした。

使えないよりはマシな状態で、早めにギガを買ったほうがいいかと思います。

支払方法

povo2.0の支払方法は、クレカのみです。

プラン切替

povo2.0のプランは、トッピングを選ぶことで切り替えられます。

30日間を3GBで乗り切ったけど、次の30日間は20GBにするなど、柔軟に使えますね。

アプリ

povo2.0は、専用アプリがあり、ギガの購入などができます。

povo2.0アプリ

povo2.0アプリ

KDDI CORPORATION無料posted withアプリーチ

海外での利用

povo2.0は、海外でネット・通話・SMSができます。

ただし、安くはないのでご注意ください。

たとえばギガの料金の例は、次のとおりです。

国名1GB(3日間有効)3GB(7日間有効)
韓国690円2,000円
アメリカ780円2,260円
povo2.0の海外ローミング料金

海外ローミングが安いeSIMの記事もあるので、ご参考までに。

まとめ

この記事では、povo2.0のeSIMについて、コスパ・手続・利便性の観点で情報をまとめました。

メリット・デメリットは次のとおりでしたね。

メリット
デメリット
  • 毎月の基本料金がゼロなので番号をキープしやすい
  • 必要に応じてギガを買うので柔軟に使える
  • 本人確認書類や支払方法が限られる
  • 長期間(180日間)課金がないと利用停止になる
  • ギガが安くはない

メリット・デメリットをふまえると、povo2.0は次の場合におすすめできます。

povo2.0がおすすめのケース
  • 電波障害に備えたい
  • いざというときのために番号をキープしておきたい

ご参考になれば幸いです!

基本料金がゼロ!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次 Table of Contents