[インドネシア生活] 丸亀製麺、日本人がほぼいない町にまさかの2号店オープン!

サト
こんにちは! インドネシア語学習歴20年以上、インドネシア滞在歴9年のサトです。

今回は、わたしの町に丸亀製麺(2店舗目)ができたので、そのレポートです。

 

わたしの町について

わたしの住んでいる町は、スマトラ島の真ん中ぐらいにあります。

人口は100万人を超えているわたしの町は、建設ラッシュのさなか。2010年の時点で3つしかなかったショッピングモールも、今やその数は倍以上になっています。

そして、つい最近(2018年5月末)オープンしたショッピングモールに、丸亀製麺がオープンしたのです!

 

 

丸亀製麺は2店舗目

丸亀製麺はインドネシアでは「Marugame Udon」と名乗っています。「製麺」より「うどん」のほうが分かりやすい、ということでしょう。

そんなMarugame Udonですが、実は以前からわたしの町にありました。1号店のオープンは、2017年1月。

なので、今回は2号店ということになります。

しかし、オープンが自分の誕生日と重なるという偶然に奇跡を感じ、いてもたってもいられなくなりまして。

オープン初日の昼前に行ってきました!

Marugame udon second 01

ちなみに、オープン当日は断食月の真っ只中。店の中が見えないようになっているのは、ムスリムの方々(昼間飲食できない)に対する配慮です。

 

 

写真だけで帰るつもりが……

初めは店の写真だけ撮って帰るつもりだったんです。当日、夕方にMarugame Udon(1店舗目)で食事の約束もあったし。

でも、こんなもんを渡されまして。

Marugame udon second 02

 

サト
バ、Buy 1 Get 1 Freeですか。

肉うどんを頼むと、かけうどんが無料でついてくるんだとか!

まんまと乗せられてしまい、気づけばこんな感じになっていました。

Marugame udon second 03

野菜のかき揚げと、お茶も合わせて、ちょうど80,000ルピアでした。600円強なので、ランチ1食分と考えると日本と変わらないレベルですね。

でも、満腹感は2食分以上で大満足でした。

ちなみにMarugame Udonでは、お茶も有料です。

 

2店舗目がオープンした意味

ところで、Marugame Udonの2店舗目がオープンしたことで、日本人1人あたりのMarugame Udon店舗数がすごいことになっています。

なんせ、わたしの町の在留邦人(ここに住んでいる日本人)は2-3名ぐらいのはず。しかもうち1名は、2018年中には本帰国の予定だし。

下手すると1人1店舗ということになります! これは世界中見渡しても、けっこうなレベルなんではないでしょうか。

そんなことより、大切なのは、日本人がいなくてもビジネスが成り立つということです!

日本人の人口に関係なく出店攻勢を続けるMarugame Udon。今後も楽しみです。いや、でもわたしの町には2店舗あれば十分ですけど。

 

まとめ

今回は、わたしの町に丸亀製麺(2店舗目)ができたので、そのレポートをお届けしました。

贅沢言わないので、吉野家さんとか、大戸屋さんとか、なんならダイソーさんとかにもゼヒ来てほしいところです。

カテゴリー/Categories

アーカイブ/Archives