[インドネシア] 「emina」はQBBのチーズ! その実力は!?




サト
こんにちは! 日本語教師歴9年、インドネシア滞在歴9年のサトです。

この記事では、インドネシアで発売中の「emina」チーズをご紹介します。

 

「emina」とは?

「emina」概略

「emina」は、日本の六甲バターと三菱商事が、インドネシアで立ち上げたチーズのブランドです。

六甲バターは、日本では「QBBチーズ」を展開していて、個人的にはこちらの名前のほうが馴染みがあります。

2018年9月から一部の店で先行販売を始め、11月から本格的に販売を開始。

サト

わたしの町(スマトラ)にも、2019年1月に来てくれました!

 

「emina」ラインナップ

ラインナップは、大きくブロックタイプとスティックタイプの2つ。

さらに、それぞれ3種類ずつの計6種類です。

かんたんにご紹介しましょう。

 

ブロックタイプ

ブロックタイプはすべて170gです。

一番安いのが「mild」で、20,000ルピア弱(150円ぐらい)。

Emina 01

 

インドネシアで売っているチーズは塩辛い印象があるのですが、「mild」は塩味がちょうどよく、食べやすいです。

 

お次は「rich」。

こちらは26,000ルピアぐらい(200円ちょっと)です。

Emina 02

 

チェダーチーズを使っており、濃厚な味が楽しめます。

食べ終わったあともしばらくチーズの味が残るぐらい。

 

そしてブロックタイプ、最後は「mozza」。

30,000ルピア弱(230円ちょっと)と、「emina」チーズの中では一番お高くなってます!

Emina 03

名前の通りモッツァレラチーズを使っているんですが、やわらかいのなんの。

↓は箱から出した状態ですが、フィルムの上からさわってもプニプニ。

Emina 04

 

サト

そのやわらかさが伝わってきます!!

 

スティックタイプ

スティックタイプは、4本入りで13,300ルピア(100円ちょっと)。

Emina 05

3種類ありまして、↓はふつうのチーズと、ピザ味です。

Emina 06

 

そして、キャラメルバナナ味……。

Emina 07

 

インドネシアではチーズとチョコレートの組み合わせはよく見かけるので、その延長なのかも知れません。

 

サト

ちなみに、「emina」チーズは常温保存ができるのですが、わたしの町のスーパーでは、すべて大事そうに冷蔵保存されていました……。

 

味は?

さて、肝心のお味です。6種類すべて試してみました!

ブロックタイプで一番のオススメは「mozza」。

先ほどもご紹介したとおり、とにかくやわらかいんです!

味もスッキリしていますし。

サト

いちばん高いだけのことはあります!!

また、スティックタイプではふつうのチーズがふつうに一番おいしかったです。

キャラメルバナナ味は、まあ、こういうのもあるのか、という感じで……。

サト

悪くはなかったですよ!

 

インドネシアの学生の反応は?

この「emina」チーズの写真をインドネシアの学生に見せたところ、特にスティック型に興味津々でした。

ソーセージみたい」というコメントや、「そのまま食べるんですか? 」という質問も。

インドネシアでは、チーズを料理に使うことが多く、そのまま食べるのは珍しいとのこと。

スティック型については、「ひょうご経済プラス」というサイトに、六甲バターの担当者の方のコメントが紹介されていました。

 

スティックタイプを販売することで「チーズ単体で食べる食習慣を提案したい」(六甲バター)という。

(ひょうご経済プラスより引用)

 

サト

うまくいくように願っています!!

 

余談

余談ですが、スティックタイプをちゃんと剥くのはハードル高すぎです。


サト

これ、何本やっても、友だちにやってもらっても、やっぱり同じ結果でした……。

 まとめ

この記事では、インドネシアで発売中の「emina」チーズをご紹介しました。

おいしいチーズをインドネシアにまで届けてくれて、六甲バターには感謝しかありません。

サト

六甲バター「さん」と呼ばないと、バチが当たるような気もしてきました。

新しい食習慣、インドネシアで浸透するといいですね!