[日本語] 音声ファイルは無料ダウンロードの時代?




サト
こんにちは! 日本語教師歴9年のサトです。

今回は、音声教材が無料でダウンロードできる日本語の教材をご紹介します。

 

音声ファイルを無料でダウンロードできる日本語の教材

 

【1】まるごと 日本のことばと文化

「音声ファイルの無料ダウンロード」と聞くと、わたしは『まるごと』という日本語の教科書がまず思い浮かびます。

 

 

2013年の時点ですでに音声ファイルの無料ダウンロードを始めていました。

日本語の教材としては、画期的だったんではないかと勝手に思っています。

 

2018年6月7日追記
よく考えると、『日本語上級へのとびら』の方が先かもしれません……。最後に追記しています。

【2】みんなの日本語初級第2版 聴解タスク25

あの『みんなの日本語』の聴解用副教材である『聴解タスク25』も、アプリで無料の音声ファイルを提供しています。

 

 

↑はiOS版です。Android版は、以下のリンクをご参照ください。

みんなの日本語初級 第2版 聴解タスク25

みんなの日本語初級Ⅱ 第2版 聴解タスク25

スクリプトを見る場合は課金されるそうですが……。

2018年6月15日追記
『みんなの日本語初級 本冊』に付属のCDも無料ダウンロードが始まったそうです!
各課の会話および問題の聴解の部分ですね。
それ以外の部分(練習やら語彙やら)の音声も聞きたい、という場合は、5枚組のけっこうなお値段のCDを買わねばなりません……。

 

【3】新完全マスターシリーズ

それから、こんな情報もありました。

 

みんなの日本語シリーズといい、スリーエーさん、攻めてますね。

 

【4】できる日本語

アルクさんから出ている『できる日本語』も、音声教材が無料でダウンロードできるようになりました!

 

 

ちなみに、アルクさんは以前から英語などの教材の音声を無料で提供していました。教材の電子化もバンバン進めていますし、こちらもだいぶ攻めてるなあ、という印象です。

 

【5】日本語上級へのとびら(2018年6月7日追記)

『日本語上級へのとびら』(以下『とびら』)は、【1】の『まるごと』より先に音声ファイルの無料ダウンロードを始めていたかもしれません。

初版は『とびら』が2009年、『まるごと』が2013年なので……。失礼いたしました。

「聴解」の授業

ここからは蛇足です。

思い起こせば、わたしが中学で英語を勉強していたときは、音声教材といえば教室でのカセットテープのみでした。

どんな授業をしていたか、記憶は定かではありませんが、どの音声を聞くか、何回聞くか、などの選択権は、わたしには無かったわけです。

それが今や、教科書の音声ファイルが、学生もかんたんに手に入れることができる時代!

サト
インターネット環境とスマホさえあれば、誰でもダウンロードできますからね。

ちなみに、わたしの勤め先では、カリキュラムで「聴解」の授業をすることになっています。

教室に学生を集めてみんな一緒に音声を聞いて問題を解く、というのが大体の流れになっているのですが……。

学生がみんな音声ファイルを持っていれば、この授業の進め方もだいぶ変えられそうです。先に家で満足いくまで音声を聞いてきてもらうことだってできるわけですし。

教室では、今まで音声を聞いていた時間を使って、「家で勉強する(例えば音声を聞く)ための時間の作り方」なんかを取り扱えるかも、と思ったりしています。

そうなると、もはや「聴解」の授業とも言えなくなるかもしれませんが。

 

まとめ

今回は、音声教材が無料でダウンロードできる日本語の教材をご紹介しました。

有名どころ(?)が率先してやっているので、この流れは今後主流になるのではないかと、淡い期待を抱いております。

出版社としても、CDをなくすことでコストを抑えられたりするんですかね。

ちなみに今回ご紹介した教材のうち、CDがついてないのは『まるごと』『新完全マスター単語』『とびら』だけですが、ダウンロードができれば、CDは不要なんではないかと思っています。

ともかく、ご参考になれば幸いです!




カテゴリー/Categories

アーカイブ/Archives