[KLIA2]エアアジアの手荷物タグを自分でプリントする方法




サト
こんにちは! インドネシア語学習歴21年、インドネシア滞在歴9年のサトです。

この記事では、クアラルンプール国際空港で、エアアジアの手荷物タグを自分でプリントする方法をご紹介します。

 

 

手荷物タグとは?

まず、手荷物タグについてご説明しましょう。

空港のチェックインカウンターで、機内に持ち込まずに預ける荷物があったとします。

その荷物につけられるのが、手荷物タグ。長細いシールで、バーコードがいっぱいついてるやつです。

写真を見てもらったほうが早いか……。こういうやつですね。

Baggage tag 00

 

エアアジアの場合(そして少なくともKLIA2では)、これが自分でプリントできてしまうんです。

 

 

手荷物タグを自分でプリントする方法

では、手荷物タグを自分でプリントする方法をご紹介しましょう。

まず、こんな↓マシーンを探してください。KLIA2のチェックインカウンター付近に無数にあります。

Baggage tag 01

 

画面のどこでもいいのでタッチします。

Baggage tag 02

 

メニュー画面が出てくるので、上から3番目の「Print Baggage Tag(手荷物タグをプリント)」をタッチ。

Baggage tag 03

 

ちなみに、画面の下の方で言語を変えられるのですが、「日本語」にするとなぜかプリントできず……。英語のままだとスムーズでした。

 

次の画面で、フライト情報をマシーンに伝えるのに、「Enter Bookin Number(予約番号を入力)」か「Scan Bording Pass(搭乗券をスキャン)」か選択します。
下のボタン、「搭乗券をスキャン」だと入力ミスがないのでオススメです。

Baggage tag 04

 

「スキャンしてください」というような(ざっくり)文言が画面に出てきます。

Baggage tag 05

 

液晶画面の右下に緑色の光が出てくるので、そこに搭乗券のバーコードを持っていきましょう。

Baggage tag 06

 

すると、名前やら便名やら何やら、情報が出てきます。間違いなければ、左下の「Confirm」にタッチ。

Baggage tag 07

 

次の画面で、「Checked Baggage」があるかどうか聞かれるので、「YES」にタッチしましょう。

Baggage tag 08

 

「Checked Baggage」というのは、機内に持ち込まず、チェックインカウンターで預ける荷物のことです。

手荷物タグをプリントする=「Checked Baggage」もある、ということになるはず。

 

次に、預け荷物の規則に引っかかるものを持っていないかどうか聞かれるので、何もなければ右下の「No, I don’t have these items」にタッチします。

Baggage tag 09

 

持っていたらチェックインカウンターに行きましょう。

 

すると、いよいよ何枚プリントするか聞いてきます! 枚数を入力して、右下の「Confirm」にタッチしましょう。

Baggage tag 10

 

ちなみに、あとからでも追加でプリントできます。

何なら、記念に持って帰ることもできます。

 

はい、プリント開始!

Baggage tag 11

 

こんな↓感じで、マシーンの右下に「ダラーン」となります。

Baggage tag 12

 

ついでにタグを荷物に取り付ける方法ですが、手荷物タグにイラスト付きで説明があるので、それに従いましょう。かんたんです。

Baggage tag 13

 

まず、タグをカバンの持ち手などに通します。

Baggage tag 14

 

タグの上の赤い部分に「Peel here」と書いてあるので、はがします。

Baggage tag 19

 

はがすと、シールになっています。

Baggage tag 15

 

そして、さっきの「シール」の部分を、下の「Stick here」と書いてある部分にくっつけるだけです。

Baggage tag 17

 

完成図。

Baggage tag 18

 

お疲れさまでした!

 

 

 

 

そもそも印刷する必要あるの?

あ、そうそう。

そもそも自分で印刷する必要があるのか?というご質問に対しては、「ない」とお答えしておきましょう。

チェックインカウンターに荷物を持っていけば、係の方がやってくれますからね……。

ただ、自分で印刷してチェックインカウンターに持っていくと、係の方に感謝されたことがありました。

「これ、誰もやってくれないんですよ。」

なんて言って。

係の方に感謝されたのは2017年の話ですが、最後に空港を利用したとき(2018年6月)時点でも、自分でタグを印刷している人は見かけませんでした。

周知徹底がなされていないと言うか、エアアジア側も「やってくれればラッキー」ぐらいの認識なのでしょう。

それに、自分で印刷して取り付けたタグが、係の方に外されたこともありました。

ちょっと悲しかったので、「なんで外したん?」と聞いたら、「(係の方が)書き間違えたから」とか言われました。

そして、結局、係の方がプリントしたタグが荷物に付いたわけです。

 

 

まとめ

この記事では、クアラルンプール国際空港で、エアアジアの手荷物タグを自分でプリントする方法をご紹介しました。

自分でプリントする必要はないのですが、↓こんな方にはオススメできます。

☑自分で手荷物タグをプリントして、自分でつけてみたい!

☑係の方にほめられたい! 

必ずほめられるわけではないので、ご注意を。

ご参考になれば幸いです!