Amazonの海外便で日本からインドネシアに配送! 時間は? 費用は?

mohamed HassanによるPixabayからの画像
サト
こんにちは! インドネシアに10年以上住んでいるサトです。

インドネシアに住んでいると、日本のAmazonで売っているものを届けてもらいたくなったりしませんか?

この記事では、Amazonで買ったものをインドネシアに届けてもらう方法や時間、費用をまとめてみます。

ちなみにわたしが注文したのは、コブクロのライブBlu-rayです。

次の一時帰国まで待てなかったんですよね……。

[コブクロ] DVD/Blu-ray「ATB TOUR Documentary」(Bonus Disc)の内容は?

 

インドネシアに届けてもらう方法は?

まず、インドネシアに届けてもらう方法は、いたって簡単。

日本のAmazonで注文する際に、配送先をインドネシアの住所にするだけです。

物によっては海外に発送してもらえないものもありますが、その場合は注文を確定する前に分かります。

 

発送から50時間ちょっとで到着

それから、配達にかかった時間ですが、集荷から50時間ちょっとで届きました。

発売日は2/12だったんですが、まさか、2/14に届くとは……。

サト
これにはビックリしましたよ。

主な履歴を書き出してみると、次のとおりです。

集荷から配達完了まで(日本時刻)
  1. 2/12 13:04 集荷(日本)

  2. 2/13 12:21 通関手続き完了(ジャカルタ)

  3. 2/14 16:10 配達完了(スマトラ)

 

↑の時刻は日本時刻です。

2/12の13時過ぎに集荷、2/14の16時過ぎに到着。

ドアツードアで2日と3時間=51時間で着いたことになります!

しかも、配送先はスマトラの地方都市ですからね。

ジャカルタだと、もっと早く到着する可能性もあります。

サト
Amazonさんに、配送業者のDHLさん。グッジョブすぎます!!

 

費用(消費税はゼロ!!)

海外に届けてもらうので、もちろん追加の費用は必要です。

今回注文したBlu-rayは、税込で15,400円。税抜だと14,000円です。

で、今回かかった費用は次のとおりです。

費用 金額
商品代金 14,000円
配送料・手数料 1,150円
関税など前払金 2,651円
合計 17,801円

 

ここで注目していただきたいのが、商品代金です。

14,000円と、消費税がかかってないんですよ!!

海外発送だとこうなるみたいです。

おかげで、日本で買った場合との差額は、次のとおりになりました。

 

日本で買った場合との差額

17,801円-15,400円=2,401円

次の一時帰国は6月以降の予定なんですが、2,400円で2月に配達してもらえました。

4か月を2,400円で買えたと思えば、安いものです!!

 

関税などは前払い

また、関税などは前払いになっています。

これも早く届いた理由の一つですね。

実は昔、本をAmazonに注文して、インドネシアに届けてもらったことがあったんですが、そのときは配送先まで届けてもらえませんでした。

サト
関税を払えと言われて、配送業者(DHL)の事務所まで取りに行ったんですよ……。

そのプロセスがないので、そのまま配達してもらえて、早く届いたわけです。

 

本だと関税ゼロ

余談ですが、今はインドネシアに本を輸入する場合、関税はゼロということになっています。

試しにAmazonで見てみましたが、請求されるのは商品代金と配送料・手数料だけです。

 

(ほんの)ちょっとだけ残念だった点

そんなわけで、今回のAmazonさんの仕事には大満足です。

なのですが、ひとつ、ちょっとだけ残念だった点があります。

それは、商品の外箱が少しへこんでいた点。

 

 

それもそのはず、梱包がなんと封筒のみだったんですよ……。

 

中身は全く問題なかったのでいいんですが、これからも海外発送をお願いするかもしれませんし、一応Amazonさんに報告しておきました。

今後改善してもらえるとうれしいなあ、ということで。

 

まとめ

この記事では、Amazonで買ったものをインドネシアに届けてもらう方法や時間、費用をまとめてみました。

わたしの場合は集荷から50時間で届いて大満足でした。

ご参考になれば幸いです!

カテゴリー/Categories

アーカイブ/Archives