エアアジアを年間20回以上利用して身につけた節約術




サト
こんにちは! インドネシア滞在歴9年のサトです。

今回は、エアアジアのフライトを予約する際の節約術をご紹介します。

わたし、2017年はエアアジアにお世話になりまくりまして、合計で24便を利用していました。その中で身につけた節約術です!

 

 

手荷物はチケットと同時に予約

まず、ご存知の通り、預ける手荷物がある場合、エアアジアでは追加料金がかかってしまいます。

この場合は、チケットと同時に予約してしまいましょう。

サト
後で買うよりも安くなるので!

例えば、関空(大阪)からクアラルンプールまでだと、こんな感じになります。

Air asia savings 01

書き出してみますね。

新規予約と同時……4,400円 

予約後Webで追加…5,200円

手配のタイミングだけで、800円も違ってくるんです!

40キロの場合だと、その差は1,200円に。大きいですよね。

重量が何キロになるかわからない、という場合もあるとは思いますが……。

わたしの場合はチケットを予約する段階で「今回は25キロ!」などと上限を決めて、その範囲で荷造りをするようにしています。

ちなみに、昔は手荷物をチケットと同時に予約しても、あとで予約しても料金は同じだったのですが、そういう細かいところにまで目をつけてくるのがエアアジアです……。

 

座席指定は前から6列目の通路側

次に、座席指定をする場合は、6列目の通路側をオススメします。これはどちらかと言うと、時間の節約につながります。飛行機を早く降りられるので。

6列目を取る理由は、1列目から5列目はホットシートなんて呼ばれていて、指定するとかなりの金額を取られてしまうからです。

また、通路側を取る理由ですが、窓側に座ると、通路側の乗客が動き出すまで身動きが取れないからです。わたし、こういう時間も「もったいない」と思ってしまうんです……。

ちなみに6列目というのは、エアアジアのビジネスクラス的な「プレミアムフラットシート」がないフライトの場合です。

と言っても、どこかで必ず安くなる境界線はあるので、できるだけ前で、できるだけ安いところを指定すれば早く降りられます。

あ、それから、座席指定も、手荷物と同じく、チケットの予約と同時にしておくと安くなります!

 

支払い通過を変更すると安くなるかも!?

エアアジアで予約すると、場合によっては支払い通貨を選ぶことができます。

この場合、通貨によっては支払い金額が安くなることがあるんです!

チケット代だけでなく、座席指定料や、預ける手荷物の料金など、全てに影響してきます。

レートなどを調べて、ざっくり計算してみましょう。

わたしの場合、円高のときは円ではなくわざわざマレーシアリンギットを選んで予約したりします。

選び方をご説明したいのですが、今は予約画面のスクリーンショットが手元になく……。次回予約の際に撮るようにします。

 

「Free Sheets」キャンペーン中→ひとまず予約

最後は、いつ予約をするかというタイミング。

必要がある時を除けば、「Free Sheets」というキャンペーンの期間中は、ひとまず予約をするようにしています。

 

 

これは、空港税だけ払えば飛行機に乗れるという、信じられないようなキャンペーンなんです! 

まあ、わたしの場合は最低でも座席指定ぐらいはするので、空港税プラスアルファがかかってしまうのですが。

 

しかも、万一飛行機に乗れなくても、空港税は返してもらえます。ということは、大部分が返ってくるということ!

まあ、あまり返金ばかりさせても申し訳ないので、わたしも行ける可能性が高い日程を選んではいますが、1度だけキャンセルしたことはあります。

それでも、数百円の手数料を除き、全額返金してもらえました!

詳しくは、↓の記事にまとめてあります。

[エアアジア] 旅行キャンセル→空港税を100%返金してもらえた件

2018年5月13日

 

まとめ

今回は、エアアジアのフライトを予約する際の節約術をご紹介しました。ご参考になれば幸いです!