コブクロライブ2018@福岡1日目レポート【ネタバレなし】




サト
こんにちは! インドネシア滞在歴9年のサトです。

わたし、幸運に恵まれまくりまして、一時帰国中にコブクロのライブに行ってきました!

今回は、そのレポートをお届けします。楽曲のネタバレは、ありません。

セットリストが気になる! という方は、こちらの記事をどうぞ。

コブクロライブ2018@福岡1日目のセトリ/セットリスト

2018年6月16日

セットリストやMCも気になる方には、こんな記事もあります!

コブクロライブ2018@福岡1日目レポート【ネタバレ注意】

2018年6月18日

 

 

ライブの概要

まずは、わたしが参加(参歌)したライブの概要から。

ライブの概要

ライブ名: KOBUKURO WELCOME TO THE STREET 2018 ONE TIMES ONE 

会場:マリンメッセ福岡

日時: 2018年6月16日 16:30 開場  17:30開演

サト
早い話、福岡の初日ですね。

 

ライブ前に思ったこと

次に、ライブ前に思ったことをレポートします。

【1】ギター1本でいけんの?(余計なお世話)

ライブ当日にチケットをまじめに見て気づいたのですが、タイトルがいつものライブとは全然違う!

 

One times one report 001

ちょっと見にくいのですが、「KOBUKURO WELCOME TO THE STREET 2018」になってるんです。

ちょっと、ツアータイトルを3年分見てみましょう。

コブクロツアーのタイトル

2016年: KOBUKURO LIVE TOUR 2016 TIMELESS WORLD 

2017年: KOBUKURO LIVE TOUR 2017 心 

2018年: KOBUKURO WELCOME TO THE STREET 2018 ONE TIMES ONE 

いつもは「LIVE TOUR」のところが、「WELCOME TO THE STREET」になってます! 

これは、2018年のツアーはバンドメンバーなしで、コブクロのふたりだけで演奏するからなんです。

コブクロはストリートライブが原点。そのストリートライブをやっていたときと同じく、「ギター1本でライブをやる」という告知を聞いたときは、「え、ほんまにいけんの?」と素人ながら心配になりました。

 

【2】リクエストした曲はやってくれるんかな……

コブクロは2018年のライブをするに当たり、ファンが「聞きたい曲」のリクエストを募っていたんです。

One times one report 02

わたしも当然リクエストを送りました。

ネタバレ要素になってしまうので、詳しいことはここには書きませんが……。

ともかく、ライブ当日に、リクエストした曲をやってくれるかどうか、楽しみであり不安でもありました。

 

ライブ中に思ったこと

では、次に、ライブ中に思ったことをレポートします。

 

【1】ほんまにギター1本?

まず、「ギター1本でいけんの?」という余計な心配をしてしまったのですが、本当に余計な心配でした。

むしろ、「ほんまにギター1本だけ?」と思える演奏を連発してました(厳密にはハープなどもありましたが)。

バラードはもちろん、アップテンポな曲も。

思い返せば、2013年の年末にあったフリーライブもギター1本でした。

その模様はDVD(KOBUKUROAD)でしか見たことがなかったのですが、「これ、見に行きたかったなー」と何度思ったことか。

今回、その願いも叶ったことになります。

 

【2】あの曲、演奏してくれたー!

次に、リクエストした曲の中で一番聞きたかった曲をやってくれました!

正直、この曲のときは黒田さんのほうがあまり調子がよくなかったのですが……。

それでも、ライブに初参歌したときからずーーーーっと聞きたいと思っていた、思い入れのある大好きな曲。

イントロ聞いただけで、昇天しそうになりました。

 

【3】その場でリクエスト→ちょっとリハーサル→即演奏って神ですか

3点目です。

リクエストを2曲ほど演奏してくれたのですが、その場で観客に聞いて、声を拾って、その後(ほぼ)即、演奏するなんて、すごすぎます!

(ほぼ)と書いたのは、曲が決まった後にコブクロのふたりが少しだけリハーサル(リハ)をするからなんです。

今までコブクロが世に出してきた曲はゆうに100曲を超えてます。

その中から何が飛び出すかわからないので、リハの時間は必要だし、見ていて興味深かったです。

しかも、その曲ごとに、小渕さんがけっこう長めのエピソードも紹介してくれたんです!  

本当に1曲1曲、大切にしているんだなあ、と改めて思いました。 

 

【4】本調子ではないかな……

最後に、正直、今回、歌の方は本調子ではなかったようです。小渕さんも、黒田さんも……。

例えば、メインのMC(盛り上がりコーナー前のMC)の直前の曲。黒田さんが調子悪そうだったので、一番しんどそうなところは小渕さんも歌っていました。

最後の最後の曲でも、Cメロは小渕さんパートなのですが、黒田さんも一緒に歌っていました。

お互いサポートし合っていたとも言えます。

自分が参歌するライブで、調子いいときと悪いとき、どっちがいいかと言われたら、それはもちろん調子のいいときです。

でも、当然、ライブはCDじゃないので、いいときも悪いときもあるわけで。

それより何より、会場でしか味わえないライブ独特の雰囲気、ライブに行かないと湧き上がってこない感情などなど、盛りだくさんなんです。

小渕さんが「5296ツアー」のファイナルでライブの雰囲気?を、こんな風に表現していました。

「空気のような、においのような、何だかこう、見たことのあるような無いような不思議な景色みたいな、この空気」

まさに、そんな雰囲気です。

まあ、この表現は副音声で黒田さんに「どっちやねん! 」「ニュアンス過ぎてわからへんねん」と突っ込まれてましたが……。言葉で言い表せないことって、ありますよね。

ともかく、次も絶対に参歌します!一時帰国のタイミングとライブのタイミングが合えば……。

あ、そうそう。黒田さんの声については、別途記事にまとめてあります。よろしければ、どうぞ。

[コブクロ] 黒田俊介さんの声の良し悪しとは? 本人のコメントから考察

2018年7月13日

まとめ

今回は、一時帰国中に参歌したコブクロライブのレポートをお届けしました。

ご参考になれば幸いです!