コブクロ・黒田さんのマイクの持ち方は2種類? 使い分けは?




サト
こんにちは! コブクロのライブDVD見すぎて、副音声が脳内再生できるサトです。

この記事では、コブクロの黒田さんのマイクの持ち方をご紹介します。

若干マニアックではありますが、興味がある方はどうぞ!

きっかけ

そもそも、なぜこんな記事を書こうと思ったかというと、2010年に行われた「STADIUM LIVE」DVDの副音声を聞いたから。

マイクの持ち方について、黒田さんがこだわりを話していたんです。

持ち方は大きく2種類

「STADIUM LIVE」DVDでは、黒田さんは下の写真のようなイメージでマイクを持っていました。

Kuroda microphone 01

 

小指だけをマイクの下に持っていっている形ですね。

 

ちなみに、下の写真のように「バットを握る」持ち方(黒田さん命名)だと、力が入ってダメなんだとか。

Kuroda microphone 02

 

 

また、小指を下にすると、マイクの角度がちょうどいい感じ(口に対して90度ぐらい)になるんだそうです。

ちなみに黒田さん、この説明のときは噛んでしまい、「キュジュド(90度)ぽくなるよ」と片言の日本語で笑いを取ってくれてました。

 

今までのDVDを見てわかったこと

その話を聞いた後で、昔のDVDも「MUSIC MAN SHIP」ツアーのものから見直してみました。もちろん、マイクの持ち方に注目しつつ。

そうすると、以前は「バットを握る」持ち方だったことが判明!

2009年の「CALLING」ツアーDVDで初めて小指を下にしているのを確認しました。

正確に言うと、「MUSIC MAN SHIP」ツアーDVDの1曲目の歌い出しでは小指を下にしていたのですが……。

サト
このときはマイクスタンドつきだったし、すぐにバット持ちに変わったので、例外扱いとします。

そして、2014年の「陽だまりの道」ツアー以降は、2つの持ち方を使い分けているシーンがちょくちょく見受けられます。

ちなみに、2017年の「心」ツアーでは、DVDを見る限りずっと「バットを握る」持ち方でした。いろいろと、試行錯誤を重ねているようです。

 

使い分け

では、どんな風に使い分けているか、ここでまとめてみます。あくまで推測ではありますが……。

以下、「バットを握るような持ち方」を「A」、「小指を下にする持ち方」を「B」とします。

 

ここ1番はA?

まず、ここ一番というときに、Aの持ち方にしている場面がありました。

例えば、「陽だまりの道」ツアーの最後で、「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」を歌うシーン。

このときは黒田さんが吠えまくるのですが、そのときはわざわざマイクの持ち方もBからAに変えていました。

「美しきヒビとなる」のあととか、最後の「あの太陽が〜」と歌うシーンですね。

 

調整のためにA⇄B?

「奇跡」ツアーDVDでは、ちょっと声が出にくいようでした。

そして、マイクの持ち替えを頻繁に行(おこな)っています。AからB、BからAの両方。

同じ歌の同じメロディーでも、でも、1番と2番で持ち方が変わっているシーンも。

わたしの目には、少しでも声が出るようにと調整しているように見えました

あ、そうそう。黒田さんの声については、別の記事にまとめてあります。

[コブクロ] 黒田俊介さんの声の良し悪しとは? 本人のコメントから考察

2018年7月13日

照れ隠し?

「TIMELESS WORLD」ツアーDVDには、「“TIMELESS WORLD” TOUR DOCUMENTARY」という特典映像があります。

その名古屋公演を見ると、「奇跡」の歌詞がわからなくなり、苦笑いしながらマイクの持ち方を変えているシーンが。

歌詞を思い出したタイミングでBからAにしていたのですが、まだ半笑いの状態でした。

笑いながら歌っていたので、声の出し方どうこうではなく、照れ隠しで無意識に持ち替えたのかなあ、と思います。

 

持ち替え方法

また、どうでもいいのかもしれませんが、持ち替えの方法がA→Bのときと、B→Aのときとで違います。

A→Bの場合

右手に持っていたマイクを一度左手で持って、また右手で持つときに握り方を変える

B→Aの場合

マイクは右手に持ったまま、小指を上に持ってくる

 

 

まとめ

この記事では、コブクロの黒田さんのマイクの持ち方をご紹介しました。

プロの歌手は、本当に細かいところまでこだわって、さらに試行錯誤を重ねていることにビビりまくりでした。

ご参考になれば幸いです!

[コブクロ] インスタで黒田さんから「いいね! 」とまさかの●●●●が! コツとかあるの?

2018年12月30日