[コブクロライブ] ブロックごとの役割や傾向をご紹介!




サト
こんにちは! コブクロのライブDVD見すぎて、副音声が脳内再生できるサトです。

この記事では、コブクロライブについて、ブロックごとの役割や傾向をご紹介します。

 

ブロックごとに傾向や役割がある

コブクロのライブでは、3曲前後を1つのまとまり(ブロック)として、MC(トーク)などを挟まずに一気に演奏することが多いです。

逆に言うと、MCでブロックとブロックを区切ることが多いということですね。

サト
そして、そのブロックごとに傾向や、役割があるようです。

 

だいたい、1ブロック目と2ブロック目は、次のような傾向があります。

  • 1ブロック目:勢いのつく曲
  • 2ブロック目:明るい曲

1ブロック目、2ブロック目については、小渕さん自身もこんなコメントをされています。

小渕さんのコメント
  • 1ブロック目:オープニングでドーンと始まる
  • 2ブロック目:わりと明るめで進めていきたい

2009年、「CALLING」ツアーのトークCDでのお話なので、だいぶ前ではあるのですが……。

そして、何ブロック目かは決まっていないのですが、こんな↓ブロックも。

  • メインの曲が映えるブロック
  • 盛り上がりブロック

と言っても、これに縛られることなく、それぞれの曲が一番パワーを発揮することを重視してセットリストを組んでいるようです。

そして、最後はもちろんアンコール。昔は3曲歌うこともあったのですが、最近は2曲歌って締めくくっています。

 

各ブロックに使われている楽曲

では、各ブロックに実際に使われている曲を見てみましょう。

2013年の復帰以降に行われた、全国ツアーのセットリストを題材にしてみました。

ツアータイトルは、下記のとおりです。

ツアータイトル
  1. 2013年:One Song From Two Hearts
  2. 2014年:陽だまりの道
  3. 2015年:奇跡
  4. 2016年:TIMELESS WORLD
  5. 2017年:心
  6. 2018年:ONE TIMES ONE

 

1ブロック目

 

1ブロック目の曲は、次のとおりです。

2013年〜2018の間に、1ブロック目で2回演奏している曲は、赤字で示しています。

1ブロック目の曲

①2013年

  1. One Song From Two Hearts
  2. 彼方へ
  3. 神風

 

②2014年

  1. サイ(レ)ン
  2. 君という名の翼
  3. ストリートのテーマ

 

③2015年

  1. 奇跡
  2. Summer rain

 

④2016年

  1. SUNRISE
  2. 六等星
  3. hana
  4. SNIFF OUT!

 

⑤2017年

  1. 君になれ
  2. 君という名の翼
  3. tOKi meki

 

⑥2018年

  1. YELL〜エール〜
  2. One Song From Two Hearts
  3. Million Films
  4. ストリートのテーマ

 

こうして見てみると、やっぱり、ほぼアップテンポな曲ばかりですね。

また、2013年以降、第1ブロックで2回演奏した曲は、3曲のみ。

「One Song From Two Hearts」「君という名の翼」そして「ストリートのテーマ」です。

できるだけ、同じ曲を持ってこないようにしているのでしょう。

 

2ブロック目

では、2ブロック目に移りましょう!

「明るめで進めていきたいブロック」と小渕さんがコメントされていましたが、実際にはどんな感じになっているんでしょうか。

2ブロック目の曲

①2013年

  1. GAME
  2. 東京の冬

 

②2014年

  1. 六等星
  2. 君への主題歌
  3. 流星
  4. 大樹の影

 

③2015年

  1. 今、咲き誇る花たちよ
  2. 願いの詩
  3. 信呼吸
  4. 永遠にともに

 

④2016年

  1. 奇跡
  2. Tearless
  3. hana

 

⑤2017年

  1. 紙飛行機
  2. SUNRISE
  3. HELLO, NEW DAY

 

⑥2018年

  1. 君になれ

 

2ブロック目は、やはり明るい曲が大半を占めていますね。

「ONE TIMES ONE」ツアーは、ちょっと例外と思っていただければ。

サト
MCが多かったので、MCで区切ると2ブロック目は1つだけになってしまうんです……。

しかも、その次の曲から日替わりコーナーに突入してしまいますしね。

コブクロライブツアー2018 セットリスト集

2018年7月21日

 

メインの曲が映えるブロック

では、次は「メインの曲が映えるブロック」です。

ツアーで一番のメインになる曲をブロックの最後に聞かせるわけですが、「その曲にどうつなげていくか」というのを、個人的にいつも楽しみにしています。 

メインの曲が映えるブロック

①2013年

  1. リンゴの花
  2. LIFE GOES ON

 

②2014年

  1. 今、咲き誇る花たちよ
  2. 時の足音
  3. 陽だまりの道

 

③2015年

  1. 遠くで‥
  2. DOOR

 

④2016年

  1. 同じ窓から見てた空
  2. 何故、旅をするのだろう
  3. NOTE
  4. 未来

 

⑤2017年

  1. Starting Line
  2. 蒼く 優しく

 

⑥2018年

  • 日替わり 3曲
  • (「風」「ここにしか咲かない花」「蕾」「風見鶏」の4曲中2曲+「桜」)

 

このブロックはとにかく、メインの曲につなげていくことを重視しているようですが、全体的にはバラードが多めですね。

2018年のツアーでも、このブロックは日替わりではあるのですが、選択肢に入っているのは、いずれもバラードです。

コブクロライブツアー2018 準日替わりコーナーの曲順を徹底分析!

2018年7月21日

ちなみに、2016年のツアーでは、「同じ窓から見てた空」の前に「Flag」を歌っているのですが、この2曲はふたりだけで小さいステージで演奏しています。

そして、「同じ窓から〜」を歌い終わる頃にはメインステージに戻り、「何故、旅をするのだろう」を歌うという流れ。

なので、ブロックの区切り方で悩んだのですが、単純にMCで区切ることにしました。

盛り上がりブロック

では、盛り上がりブロックを見ていきましょう。

メインの曲→ロングMCの後にこのブロックが続きます。

ここでも、2回演奏している曲は赤字で示しています。

サト
ついでに言うと、銀テープが発射されるのも、このブロックです。
盛り上がりブロック

①2013年

  1. 潮騒ドライブ
  2. メドレー(Blue Bird/虹/サヨナラHERO/この指とまれ!/LOVER’S SURF/君という名の翼

 

②2014年

  1. 太陽
  2. SPLASH
  3. Moon Light Party!!
  4. 神風

 

③2015年

  1. NO PAIN, NO GAIN
  2. 風になりたい
  3. 42.195km
  4. サヨナラHERO
  5. memory

 

④2016年

  1. サイ(レ)ン
  2. tOKi meki
  3. SPLASH
  4. LOVER’S SURF

 

⑤2017年

  1. 白雪
  2. memory/li>
  3. 神風
  4. ストリートのテーマ

 

⑥2018年

  1. 潮騒ドライブ
  2. Moon Light Party!!

 

言うまでもなく、アップテンポな曲ばかりです。

それよりも、1ブロック目と違って、2回演奏している曲が実に8曲もあってビックリ!

1ブロック目もこのブロックも、アップテンポな曲が多いというイメージでしたが、こんなに違うとは……。

このブロックは、定番曲が多いということですね。

8曲というのは、「潮騒ドライブ」「サヨナラHERO」「LOVER’S SURF」「轍」「SPLASH」「Moon Light Party!!」「神風」「memory」です。

このうち、「サヨナラHERO」と「LOVER’S SURF」はメドレーで歌っているのですが、それも回数に入れました。

アンコール

最後に、アンコールのブロックです。

2014年以前は、アンコールの歌を歌う前にMCがあり、2曲連続で歌うのが定番だったのですが、2015年のツアー以降は、MC→1曲目→MC→2曲目というパターンになっています。

MCを挟んではいるのですが、ここはアンコールのブロックということで1つと見なしています。

アンコールのブロック

①2013年

  1. モノクローム

 

②2014年

  1. One Song From Two Hearts
  2. あの太陽が、この世界を照らし続けるように。

 

③2015年

  1. 星が綺麗な夜でした
  2. ココロの羽根

 

④2016年

  1. 今と未来を繋ぐもの
  2. STAGE

 

⑤2017年

  1. 未来

 

⑥2018年

  1. 日替わり>
  2. バトン

傾向としては、やはりバラードが多いですね。

そして、前回のツアーのタイトルになった曲や、メインだった曲を、アンコール1曲目で歌うこともけっこうあります。

例えば、2014年に「One Song From Two Hearts」、2017年に「未来」を、それぞれ歌っていますね。

まとめ

この記事では、コブクロライブについて、ブロックごとの役割や傾向をご紹介しました。

このあたりを参考に、20周年ライブのセットリストを(勝手に)予想してみたので、よろしければどうぞ!

コブクロ20周年記念ライブの楽曲/セットリスト予想

2018年9月12日

お楽しみいただけていれば幸いです。