コブクロの「バトン」に見るエルビス・コステロの影響




サト
こんにちは! コブクロのDVDを全部(インディーズ盤除く)インドネシアに持ってきているサトです。

今回は、コブクロの曲「バトン」と、エルビス・コステロの影響についてご紹介します。

「バトン」イメージムービー

まずは、「バトン」のイメージムービーから。

親から子へ、またその子へと受け継がれていく「バトン」をテーマにしたバラードですね。

「MY AIM IS TRUE」

コブクロの「バトン」を聞いた方は、「MY AIM IS TRUE」と聞くと小渕さんのソロパートを思い出すと思います。

実は、「エルビス・コステロ」という洋楽の歌手のデビューアルバムも「MY AIM IS TRUE」というタイトルなんです!

また、このアルバムに収録されている「ALison」という歌の歌詞にも「MY AIM IS TRUE」が使われています

余談ですが、このアルバムがリリースされたのは、小渕さん・黒田さんが生まれた1977年だったりします。

小渕さん自身、「コブクロ脳診断」というファンサイトのコーナー(一般にも公開)で「(ツアーの)移動中、どんな曲を聴きますか?」という質問に対し、「エルビス・コステロ」と答えています。

サト
この診断はいつのものかよくわからないのですが、ライブで石川に行っていたことから見ると、2006年か2008年だと思われます。

それから、『NAMELESS WORLD Recording&Tour Official Book』のインタビューでは、次のような発言(小渕さん)があります。

黒田の声の印象は、いい感じのザラつきがあって、とにかくものすごい存在感のあるものでした。
僕は、エルビス・コステロや奥田民生さんやミスチルの桜井さんとかの声が大好きなんですけど、好きな声って、みなさん、いいザラつきをお持ちなんです。

『NAMELESS WORLD Recording&Tour Official Book』より引用

また、Twitterでも、小渕さんとエルビス・コステロのエピソードが見つかりました。

まさか、ミスチルの音楽に出会う前に惹かれていたのがエルビス・コステロだったとは!

ちなみに、Amazonプライム会員になると、「MY AIM IS TRUE」も聴けます。

サト

30日間は無料で試せますので、よろしければどうぞ!

まとめ

今回は、コブクロの「バトン」と、エルビス・コステロの影響についてご紹介しました。

ご参考になれば幸いです!